このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000225093
提供館
(Library)
八王子市中央図書館 (2310074)管理番号
(Control number)
HC-17031421
事例作成日
(Creation date)
2017/03/14登録日時
(Registration date)
2017年11月17日 00時30分更新日時
(Last update)
2017年11月30日 17時12分
質問
(Question)
滝山城跡について知りたい。
回答
(Answer)
『八王子事典』(2001年 かたくら書店)p.487「滝山城跡」の項に、「加住町1丁目・丹木町1・2・3丁目・高月町にある戦国期の城跡.1521年(大永1)に大石定重が築き、のち大石定久のとき北条氏照が入り居城となった中世城郭.関東でも最大規模を誇る丘山城で、土塁・空堀などがよく残っている.加住丘陵上にあって、北側は多摩川にのぞむ断崖をなし、南面に向けて城域を構成する.本丸・二ノ丸・三ノ丸などがよく原形をとどめている.国史跡.」と記載されています。
『滝山城ものがたり』(1964年 昭島市郷土研究会)p.1-2に「滝山城は、大永元年(1520年)2月に、当時の高月の城主大石源三定重によって築かれて、高月から滝山に移ったものである。(中略)この当時は、天下の形勢麻の如く乱れていて、特に隣国である甲州武田信玄の野望が日に加わり、いつ武田軍の侵攻があるやも分らぬ情勢であったので、顕重の長男定重が永正11年(1514年)8月、家督を相続するや城砦を厳重にすべく滝山に城を移すこととし、暫く大永元年に完成、同2月に移城したが、程なく病を得て同7年10月10日病没したので家督は長男の定久が相続して城主となった。(中略)果たして武田信玄は、永禄12年(1569年)の秋、大軍を率いて関東に進入して北条氏を討った時、この滝山城にも猛攻を加えたが、城兵克く戦い、且つ守備堅うして遂に攻略することが出来なかったのである。然し城主氏照は、武田勢に備えるには、滝山より寧ろ甲州口の八王子が適当であるとして、表面は滝は落つるから縁起が悪い、と称し、元亀3年(1572年)に城を八王子に移したのである。即ち滝山城は定重、定久、氏照の三代の城主を迎えて五十年の運命をもって廃城となったのである。」と記載され、高月城から滝山城、滝山城から八王子城へと城が移った経緯を確認することができます。
『多摩の古城址』(1995年 京王帝都電鉄)のp.12-13「滝山城跡」にも同様の記載があるほか、「城跡は桜の名所でもあり、毎年、4月には桜祭りが催され、5,000本も植えられた桜並木が城跡を彩り、市民や観光客の目を楽しませています。」との記述があり、桜の写真も掲載されています。
『歴史と浪漫の散歩道 』(2006年 八王子市教育委員会)p.102-103「滝山城跡」の項にも同様の記載があり、「滝山城跡土塁」と滝山城跡曳橋」の写真も掲載されています。
『新八王子市史 通史編2』(2016年 八王子市市史編集委員会)p.312-330「第5章第4節滝山城とその城下」には、氏照の居城をめぐる二つの説や滝山城の構造等について詳しく記載され、p.279には「近世に描かれた滝山城跡」、口絵19には「武州滝山古城図」が掲載されています。
また、インターネットでは、国立国会図書館デジタルコレクション( http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1286357  最終アクセス日:2017.11.16)に、「〔日本古城絵図〕東海道之部(5). 93 武州多西郡滝山城」が公開されています。
八王子市公式ホームページ( http://www.city.hachioji.tokyo.jp/kankobunka/003/003/001/001/p005254.html  最終アクセス日:2017.11.16)には国指定史跡として掲載され、平成29年4月6日に「続日本100名城」に選ばれたことも紹介されています。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本  (291 8版)
参考資料
(Reference materials)
B11716715 八王子事典 八王子事典の会/編 かたくら書店 2001.1 4-90623-778-9
B11683221 滝山城ものがたり 昭島市郷土研究会/編 昭島市郷土研究会 1964
B11705091 多摩の古城址 京王帝都電鉄/[編] 京王帝都電鉄 1995.3
B11958365 歴史と浪漫の散歩道 八王子市教育委員会生涯学習スポーツ部文化財課/編 八王子市教育委員会 2006.1
B12680842 新八王子市史 通史編 2 八王子市市史編集委員会 八王子市市史編集委員会 2016.3 213.65
国立国会図書館デジタルコレクション〔日本古城絵図〕東海道之部(5). 93 武州多西郡滝山城 http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1286357 2017.11.16
八王子市公式ホームページ/観光・文化/八王子の歴史・文化財/旧跡・史跡/国指定史跡/滝山城跡 http://www.city.hachioji.tokyo.jp/kankobunka/003/003/001/001/p005254.html 2017.11.16
キーワード
(Keywords)
滝山城
史跡
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
一般
登録番号
(Registration number)
1000225093解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!