このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
西宮市立中央図書館 (2310069)管理番号
(Control number)
6000005601
事例作成日
(Creation date)
2019年07月21日登録日時
(Registration date)
2019年11月15日 15時34分更新日時
(Last update)
2019年11月15日 16時53分
質問
(Question)
伊丹の昆陽寺にある楼門が文化財指定を受けているが、工法などのどのような特徴があって指定されたかが知りたい。
回答
(Answer)
『伊丹市史第六巻』に昆陽寺楼門の全景写真が巻頭口絵にあり。

2章の第3節の「近世伊丹の建築」の3項の6に「昆陽寺の楼門は十七世紀の後半に建てられた物であるが、よくまとまった本格的な楼門であり、県の文化財に指定されている。」との記載があった。

続けて、「三間一戸の楼門で、低い石造基壇の上に建ち、上層の軸部が短いため、江戸時代の楼門としては珍しく均整のとれたよい恰好をしている。上層屋根は入母屋造り本瓦葺きで、組み物は本格的な和様三手先組である。上下壮層間高欄のついた縁をめぐらし二手先の骨組みで支える。下層は棟通り中央一間を和様扉にし、両脇の間は地貫・頭貫のほか腰貫・飛貫を通し、正背面と中央間に面するところは、腰貫に金剛柵を通し、正面には仁王像二体を安置している。通路にあたる中央間では飛貫を抜き、頭貫を虹梁に代え中備えに蛙股を置いている。」という記載がある。

専門用語が難しく、イメージがわく理解の手助けになるものがほしいとのお返事だったため、『図説日本木造建築事典』も併せてご案内。
日本の木造建築用語の解説だけでなく、図もふんだんに掲載されているので、他の建築用語事典より参考図書として活用いただけた。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
伊丹市史編纂専門委員会 編 , 伊丹市史編纂専門委員会. 伊丹市史 第6巻. 伊丹市史編纂専門委員会, 1970.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I078070586-00
坂本功 総編集 , 大野敏, 大橋好光, 腰原幹雄, 後藤治, 清水真一, 藤田香織, 光井渉 編集 , 坂本, 功, 1943- , 大野, 敏, 1962- , 大橋, 好光, 1954- , 腰原, 幹雄, 1968-. 図説日本木造建築事典 : 構法の歴史. 朝倉書店, 2018.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I029360281-00 , ISBN 9784254266450
キーワード
(Keywords)
伊丹市
昆陽寺(こやでら、こんようじ)
楼門(ろうもん)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000265314解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!