このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
西宮市立中央図書館 (2310069)管理番号
(Control number)
6000004743
事例作成日
(Creation date)
2019年02月26日登録日時
(Registration date)
2019年11月13日 16時14分更新日時
(Last update)
2019年11月15日 16時39分
質問
(Question)
会津木綿について知りたい。
回答
(Answer)
『衣風土記 2』(p.155~158)に会津木綿について記述あり。

福島県の坂下(ばんげ)にある青木集落で織られた丈夫な布(青木縞、青木木綿)を総称して、会津木綿という旨の記載と写真あり。

「寛政四年(一七九二)、会津若松に移封となった加藤嘉明は、前任地の伊予松山から織師を招き、木綿織ることを会津にもたらしたと伝わり、以来、藩の殖産政策として家臣の妻女達は木綿織の内職に励んだ。
しかし、藩政時代の機織りは自給自足程度で、明治になって河沼地方を中心に綿作が始まってから、会津の木綿は特産品となったようである。
青木集落が木綿機で栄えたのは、綿が近くで採れることと、藍の栽培を行ったからで、全盛時代には農業と紺屋を兼ねる家は、四十七軒もあったほど。そして糸染めを頼まれているうちに、機織りまで手がけるようになったらしい。」
回答プロセス
(Answering process)
当初7類の棚を探したが記述のある本が見当たらず、その後3類の棚で発見した。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
松岡未紗 著 , 松岡, 未紗. 衣風土記 2. 法政大学出版局, 2006.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000008347887-00 , ISBN 4588300423
キーワード
(Keywords)
会津木綿
福島県
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000265186解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!