このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
磐田市立中央図書館 (2310039)管理番号
(Control number)
00051
事例作成日
(Creation date)
登録日時
(Registration date)
2018年12月05日 09時22分更新日時
(Last update)
2018年12月05日 09時22分
質問
(Question)
「模造紙」という紙がありますが、なぜ「模造紙」というのですか?
回答
(Answer)
模造紙とは、化学パルプを原料とし、機械ですいてつくった上質な紙のことです。
児童書の『紙の大研究1 紙の歴史』、百科事典『ポプラディア』によると、明治の初め、日本は、みつまたを原料として大蔵省印刷局で製造した紙を「局紙」と名付けてヨーロッパに輸出していました。しかし、高価だったため、ヨーロッパでは亜硫酸パルプを原料とした模造品がつくられました。その紙が、1897(明治30)年頃から日本に輸入されるようになり、今度は日本の製紙会社がこれを手本とした紙をつくり、「模造紙」と名付けて販売するようになりました。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
総合百科事典ポプラディア 10 新訂版. ポプラ社, 2011.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I000477259-00 , ISBN 9784591118757
丸尾敏雄 監修 , 樋口清美 構成・文 , 丸尾, 敏雄, 1936- , 樋口, 清美, 1954-. 紙の歴史. 岩崎書店, 2004. (「紙」の大研究 ; 1)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000007330505-00 , ISBN 4265042414
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
所蔵調査
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000247198解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!