このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
長野県市立小諸図書館 (2300061)管理番号
(Control number)
20120203
事例作成日
(Creation date)
2012/02/03登録日時
(Registration date)
2017年05月31日 00時30分更新日時
(Last update)
2017年05月31日 00時30分
質問
(Question)
現、立科町に宇山堰という用水のようなものがある。
建設の時代背景と小諸藩との関りを知りたい。
立科町は小諸藩の領土だったのか?
回答
(Answer)
建設の時代背景は以下の資料に掲載あり。
◆参考資料1 「立科町誌 歴史編 上」(立科町誌編纂委員会,立科町誌刊行会,1997)
・P421 宇山の開発
「宇山は、湧水と沢水、溜池を利用して開発が進められ、芦田村の枝村として発達した。宇山は慶安年中に芦田村の土屋荘蔵と宇山の遠山長作が、蓼科山腹の樅ノ木から宇山古堰を開き、さらに黒沢嘉兵衛が、寛文二年(1662)に 八重原堰の上堰とし宇山堰を開いてから急速に開発が進み、寛文4年(1664)に母村から独立して新しい村が作られた」とある。
小諸藩との関わりは以下の資料に掲載あり。
◆参考資料1 「立科町誌 歴史編 上」(立科町誌編纂委員会,立科町誌刊行会,1997)
・P442 第2節 宇山の開発と水 P448 二 宇山堰と八重原堰
「青山因幡守(小諸領主青山因幡守宗俊)の命によって、直ちに新堰の開削に着手し、寛文2年に完成したのが宇山堰と八重原堰である。」とある。
・P453 御上の堰
P454「八重原堰と宇山堰は、小諸藩の藩権力を背景に開削され、塩沢堰とは比較にならないほど厚い保護を受け、堰普請の用材もすべて藩から供与され、堰普請の人足も領内一円から徴用されていたのである」とある。
以下の資料を確認すると、立科町は小諸藩の領土であったことがわかる。
◆参考資料1 「立科町誌 歴史編 上」(立科町誌編纂委員会,立科町誌刊行会,1997)
・P322 第四編 第二章 藩政と農民のくらし 第二節 芦田八ヶ村の成立 二 芦田村八ヶ村と芦田八ヶ村
「立科の郷村は、これまでみてきた江戸時代初期には、芦田・茂田井・山部・藤沢・細谷の六ヶ村である。芦田八ヶ村は、この六ヶ村に宇山・牛鹿二ヶ村が加わった呼び方である。」
・P296 第四編 第一章 小諸藩の政治  第一節 小諸藩歴代の藩主  一 牧野氏以前
P297 仙石秀久と中山道整備
「これ以降(天正19年 仙石権兵衛秀久が小諸に入城)近現代への夜明けを迎える版籍奉還までの二八〇年間、芦田八ヶ村は一貫して小諸藩領となり、小諸藩の支配下におかれたのである。」と記載されている。 
その他、以下の資料にも宇山堰について記載あり。
◆参考資料2 「蓼科の水」(小林幹男/著,立科町,立科土地改良区,1976)
・P79 Ⅳ宇山堰と八丁地堰 1.宇山の開発と用水 及び 巻末年表 
宇山堰と小諸藩についての記述あり。 
◆参考資料3 「黒澤嘉兵衛物語」(黒澤夢都子/著,黒澤嘉兵衛物語刊行委員会,2016)
・P148 第四章 第三弾 返り咲き八重原堰・宇山堰へ
黒澤家の所蔵する『開発日記 書抜』及び『清長日記』等の古文書を読み解き、発行された資料で、宇山堰建設の経緯や方法が物語形式で掲載されている。
◆参考資料4 「立科町誌 歴史年表」(立科町誌編纂委員会,立科町誌刊行会,1997)
・P108-109 1650年(慶安3年)に「宇山古堰が完成する」と記載されており、「宇山古堰に関する同時代の史料は、現存していないが、宇山区所有の古文書には、承応2年(1653)にこの用水堰を宇山堰と称し、万治3年(1660)に黒沢嘉兵衛が開いた2筋の堰の水を、この用水路に注入していた」と記載されている。
・P111-112 1662年(寛文2年)に「宇山堰の用水堰を完成する」と記載されており、宇山堰の仕組みについても記載されている。
◆参考資料5 「立科町誌 自然編」(立科町誌編纂委員会,立科町誌刊行会,1997)
・P158 第四章 第二節 用水 (2)宇山堰
宇山堰の仕組みが記載されている。
◆参考資料6 「小諸市誌 歴史篇3近世史」(小諸市誌編纂委員会,小諸市教育委員会,1991)P247 第二章 第三節 農村の開発 二 用水・新田の開発
宇山堰についての詳細な記載はないが、佐久の四新田の用水地図に宇山堰の記載がある。
回答プロセス
(Answering process)
1.参考資料1「立科町誌 歴史編 上」を確認。
2.「立科」「水」で検索したところ、参考資料2「蓼科の水」がヒットした。
3.参考資料1「立科町誌 歴史編 上」P448 <二 宇山堰と八重原堰―黒澤嘉兵衛>に「嘉兵衛は、(中略)その後、領主青山因幡守の命によって、直ちに新堰の開削に着手し、寛文二年に完成したのが、宇山堰と八重原堰である。」と記述があったため、「黒澤嘉兵衛」で検索したところ、参考資料3「黒澤嘉兵衛物語」がヒットした。
4.立科町誌の他巻に掲載がないか確認したところ、参考資料4「立科町誌 歴史年表」、参考資料5「立科町誌 自然編」に記載が見つかった。
5.立科町は小諸藩の領土であったことから参考資料6の「小諸市誌 歴史篇3近世史」を確認したところ、佐久四新田の用水地図に宇山堰の記載がみつかった。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
B10116845 立科町誌 歴史編上 立科町誌編纂委員会/編集 立科町誌刊行会 1997.3 291.52
B10099901 蓼科の水 小林幹男/著 立科土地改良区 1976 614.3152
B10239655 黒澤嘉兵衛物語 黒澤夢都子/著 黒澤嘉兵衛物語刊行委員会 2016.11 289.1
B10116847 立科町誌 歴史年表 立科町誌編纂委員会/編集 立科町誌刊行会 1997.3 291.52
B10116703 立科町誌 自然編 立科町誌編纂委員会/編集 立科町誌刊行会 1995.10 291.52
B10116331 小諸市誌 歴史篇3近世史 小諸市誌編纂委員会/編纂 小諸市教育委員会 1991.12 215.2
キーワード
(Keywords)
宇山堰
立科町
小諸藩
黒澤嘉兵衛
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事項調査
内容種別
(Type of subject)
地域
質問者区分
(Category of questioner)
一般
登録番号
(Registration number)
1000216688解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!