このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000158222
提供館
(Library)
浜松市立中央図書館 (2210020)管理番号
(Control number)
浜松043
事例作成日
(Creation date)
登録日時
(Registration date)
2014年08月14日 09時45分更新日時
(Last update)
2014年08月14日 09時45分
質問
(Question)
戦国~江戸時代の女性の正式な座り方は、正座ではなくて片膝を立てて座るものだったのか?
回答
(Answer)
今でいう「正座」が正しい座り方となったのは、明治以降。「修身」の教科書で定義され広まったとされる。
それ以前は女性でも古くは胡坐や、近世までは立て膝で座っていた。
ただし、正座の姿勢の起源は縄文時代にまで遡ることができる。
回答プロセス
(Answering process)
当館OPACにて「正座」「立て膝」「礼儀」をキーワードに検索。他NDL-OPACやCiNii等インターネット調査も。

「故事類苑 人部一」468頁『膝』、980頁『坐』
「日本人の坐り方」矢田部英正∥著 集英社
「正座と日本人」丁宗鐵∥著 講談社
入澤達吉『日本人の坐り方に就いて』(国会図書館近代デジタルライブラリ)
川本利恵『正座の源流』
事前調査事項
(Preliminary research)
家康の側室「阿茶局」の肖像画(コピー)を持参。確かに立て膝で座っている。
NDC 
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000158222解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!