このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000152098
提供館
(Library)
浜松市立中央図書館 (2210020)管理番号
(Control number)
浜松035
事例作成日
(Creation date)
登録日時
(Registration date)
2014年04月12日 14時41分更新日時
(Last update)
2014年04月12日 14時43分
質問
(Question)
18世紀朝鮮の画家「李聖麟」(号は蘇斉)の略歴、作品、落款を調べたい。
回答
(Answer)
・「朝鮮通信使絵図集成」辛基秀ほか∥著 講談社 62頁『山水図』(カラー)、143頁『月梅図』『人物図』(モノクロ)。139頁に日本滞在中の作品として確認されているもの一覧表あり。
・「朝鮮通信使をよみなおす」仲尾宏∥著 明石書店 119頁~李聖麟と大岡春朴の交流について。232頁~落款について
・「別冊太陽 韓国・朝鮮の絵画」平凡社 96頁~大岡春朴画『延享年間朝鮮来聘使図巻』(部分)に李聖麟の肖像。
回答プロセス
(Answering process)
「朝鮮書画人物辞典」呉世昌∥著 国書刊行会 1992年 189頁より、朝鮮通信使の画員だったことが判明。
朝鮮通信使に関する資料をあたる。李聖麟は寛延元(1748)年に来日。日本への進物として本国より持参した作品の他、滞在中にもかなりの作品を描き残したようだ。
また、韓国国立中央博物館所蔵の「槎路勝区」(釜山港から江戸までの道中記録図)は李聖麟の作と言われているが確証なしとのこと。
※「世界美術大全集 東洋編11 朝鮮王朝」小学館 325頁~『槎路勝区』(部分)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
朝鮮通信使
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000152098解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!