このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000225785
提供館
(Library)
札幌市中央図書館 (2210002)管理番号
(Control number)
6000010704
事例作成日
(Creation date)
2017/07/05登録日時
(Registration date)
2017年12月02日 00時30分更新日時
(Last update)
2017年12月02日 00時30分
質問
(Question)
有島武郎の小説『星座』に、主人公の一人・園が札幌農学校演武場・時計台に登り鐘銘を確認する場面で、鐘の銘は「Magna est veritas, et praevalebit.」と書かれている。園が時計台に登った日時が「明治三十三年五月四日の午前十一時」とあり、当時有島武郎が実際に札幌農学校の学生であったこと、時計台登頂の様子がかなり具体的に描かれていることから、実体験に基づいて書かれているようにも受けとめられる。札幌市時計台の鐘銘は事実この通りなのか知りたい。
回答
(Answer)
下記の資料を提供。
回答プロセス
(Answering process)
以下の資料に、鐘銘に関する記載あり。
①『さっぽろ文庫6 時計台』(K081.2/サ/6 0118042290) p103 
 「時計塔の鐘にラテン語で「心理は大能なり、心理は支配せん」と銘記されていると作中にあるが、これは武郎の創作である。」
②『時計台をめぐる資料』(KR521.8/ト 0115713018) p21
 「鐘名「心理は大能なり、心理は支配せん」を読んで時計台の鐘にも銘がないかと塔に昇つた一節が、時計台の鐘に銘があるようにとられるが、実際 は何の銘も刻まれていない。」
③『星座』(K910.268/ア/3 0110144599) p224
 「Magna est veritas, et praevalebit 中世教会ラテン語で、出典は旧約聖書外典、ヴルガータ訳「エズドウラス」第三巻・ 第四章・四十一節。マーニャ エスト ヴェリタス エト プレヴァレービットと発音する。ただし、実物の鐘には銘はない。」
④『日本文学全集 第25巻 有島武郎集』(918.6/ニ/25 0117220517) p438
 「“Magna est veritas, et praevalebit.”というラテン語の鐘の銘は作者の作ったもので、農学校の時計台には、この銘はない。」
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
時計台札幌市教育委員会文化資料室/編北海道新聞社 (p103)
時計台をめぐる資料辻 寧光/編市立札幌図書館 (p21)
星座有島 武郎/著星座の会 (p224)
日本文学全集 第25巻有島 武郎/著集英社 (p438)
キーワード
(Keywords)
有島武郎(アリシマ タケオ)
星座(セイザ)
時計台(トケイダイ)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000225785解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!