このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000254570
提供館
(Library)
大阪府立中之島図書館 (2120002)管理番号
(Control number)
6001037578
事例作成日
(Creation date)
2019/03/15登録日時
(Registration date)
2019年04月04日 00時30分更新日時
(Last update)
2019年04月06日 00時30分
質問
(Question)
大阪という地名の由来について知りたい。
回答
(Answer)
大阪の地名の由来については、次の資料があります。

・『大阪の地名由来辞典』(堀田暁生/編 東京堂出版 2010.8)
p.69-70に「大阪市」の項目があり、次の記述があります。
「由来については諸説あり、上町台地の北側を大江といい、そこの坂を「大江の坂」といったのが大坂と短縮されたという説、付近を「尾坂」「小坂」と呼んだのが「大坂」になったという説などがある。なお、江戸時代までは大坂という表記が多いが、大阪の用例もある。」(p.70)

・『日本歴史地名大系 28‐[1] 大阪府の地名』(平凡社 1986.2)
p.355に大阪市に関する総論の記述があり、地名の由来については次のような記述があります。
「大阪の地名は、明応7年(1498)11月21日の蓮如の消息に「東成郡生玉之庄内大坂」とみえるのが現在のところ初見とされる。16世紀に入ると用例は多くみられるようになるが、以下の例のように小坂、尾坂、おさかとも表記されている。」
「江戸時代には大坂が定着し、おおさかと清音でよんだ」

・『角川日本地名大辞典 27 大阪府』(「角川日本地名大辞典」編纂委員会/編 角川書店 1983.10)
p.222-225に「おおさか 大阪」の項があり、次のような記述があります。
「大坂とも書いた。(中略)なお地名は地形によるものと思われる。」(p.222-223)
大坂は、「戦国期から見える地名。(中略)本願寺建立以前は小坂(おさか)と称し、後には尾坂とも記した。明応5年の蓮如上人御文(大阪編年史1)に『抑当国摂州東成郡生玉之庄内大坂トイフ在所ハ(中略)』と見えるのが初見。」(p.223)

〔事例作成日:2019年3月15日〕
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本  (291 10版)
参考資料
(Reference materials)
大阪の地名由来辞典 堀田/暁生∥編 東京堂出版 2010.8
日本歴史地名大系 28‐[1] 平凡社 1986.2
角川日本地名大辞典 27 「角川日本地名大辞典」編纂委員会∥編 角川書店 1983.10
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
大阪,地名・地域
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000254570解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!