このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000261329
提供館
(Library)
滋賀県立図書館 (2110049)管理番号
(Control number)
滋2019-0003
事例作成日
(Creation date)
2019/09/06登録日時
(Registration date)
2019年09月13日 00時30分更新日時
(Last update)
2019年09月13日 00時30分
質問
(Question)
植村遊子著『伝えていこう子守歌 詩と音楽からの私的考察』(平成24年刊)のp.145に滋賀県のわらべ歌で、
「九州肥前の鍋島さまは/人に知られた“こつま”でござる」の子守歌が紹介されています。
この「こつま」の意味を知りたい。
植村遊子は佐賀の人で、『伝えていこう子守歌』は私家本です。
回答
(Answer)
この歌は、滋賀県の野路村(現在の滋賀県草津市野路町)の子守歌です。

『滋賀のわらべ歌』の子守歌の項には、次の歌詞が載っています。
「うちのこの子は 何といったら寝やる、九州肥前の 鍋島さまは、人に知られた“こつま”でござる、それが何より
証拠には、ご家来衆には 甘藷(いも)の粥、わしらが村の“助郷”の賃も、三年になるのにまだくれぬ。」
 同子守歌は、『野路のくらしと歩み』にも書かれていますが、
「何といったら寝やる、」が「何といったら寝やる、何というたら寝やる」
「まだくれぬ」が「まだくれぬ(ん)まだくれん」と、2箇所歌詞が異なります。

 「こつま」の意味は、『野路町史』によると、「これは鍋島藩のドケチぶりを唄っているのであるが、
助郷の役(大名高官など、官道宿役道中人足・馬を村の石高に応じて出す制度で、
野路は一〇五八石で馬五疋・人足六人)の人馬賃の支払いを踏み倒されたため怒りを込めて
村人が唄ったものと思われる。封建の圧政がしのばれる。尚「こつま」はケチることの方言である。」
とのことです。
 草津は東海道・中仙道の宿場として栄えた町です。
多くの西国大名が参勤交代の際に草津宿に宿泊しました。
野路などの草津近隣の村には人馬の提供が義務付けられ、これを助郷と言いました。
『野路町史』には、「助郷は村にとって最大の負担であった。」
「助郷は大名の参勤交代時期が農繁期と重なる場合が多く、農作業を妨げた。」
「また、出役しても支払いを遅らす大名も少なくなかった」と説明されています。

 なお、『滋賀県方言語彙・用例辞典』では、「こつま」の意味は「だまし売りする商人」とされています。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
声楽  (767 8版)
参考資料
(Reference materials)
1 滋賀のわらべ歌 右田伊佐雄∥著 柳原書店 1986年 S-3800- 86 p.200-201

2 野路のくらしと歩み 野路のくらしと編さん委員会∥編 野路町 1986年 S2121 p.290

3 野路町史 野路町∥編 野路町 1978年 5-2121- 78 p.39-48(助郷の説明)、p.183(子守歌)

4 滋賀県方言語彙・用例辞典 増井金典∥編著 サンライズ出版 2000年 S-8000- 00 p.109
キーワード
(Keywords)
わらべ歌
滋賀
野路
うちのこの子は
九州肥前の鍋島さま
こつま
植村遊子
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000261329解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!