このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000250924
提供館
(Library)
滋賀県立図書館 (2110049)管理番号
(Control number)
滋2018-0033
事例作成日
(Creation date)
2019/01/01登録日時
(Registration date)
2019年02月01日 00時30分更新日時
(Last update)
2019年02月01日 11時29分
質問
(Question)
大津市玉野浦のロイヤルオーク付近に「レークサイドゴルフ場」というバス停があるが、現在近くにゴルフ場はない。ゴルフ場が撤退した経緯を知りたい。
回答
(Answer)
 『滋賀年鑑 1986』の「県内ゴルフ場案内」に「ニュー瀬田レークサイドゴルフコース」が掲載されており、同書1987年版には、掲載がありません。以上のことから、昭和61年までゴルフ関係の施設があったことが確認できます。
 『綾羽紡績20年史』に「瀬田レークサイドゴルフコース 当社は昭和39年3月、滋賀県が琵琶湖畔瀬田浦に造成した埋立地286,118㎡(87,000坪)を入手しましたが、この土地は工場用地、住宅用地、遊園地等広範な使用用途が指定されていました。当時、過度の設備投資による不況に悩んでいた日本経済の情勢から、直ちに工場用地とすることは望むべくもありませんでしたので、ここにゴルフコースと練習場を建設する事とし、昭和39年11月、まず250ヤード打ち放し50打席の練習場を完成させ、ついで昭和40年4月に9ホール(2,643ヤード・パー35)をオープン、瀬田レークゴルフコースと名付け琵琶湖開発が運営に当たっています。」とあります。
 また、『綾羽』の年表に、「昭和39年12月 瀬田レークサイドゴルフコース打放し練習場開設 <昭和61年8月 レークサイドゴルフガーデンに名称変更>」とあります。
 当館の「滋賀県関係新聞記事見出し検索」では、1986年12月14日朝刊に「大津の街中に温泉わき出た! 38度、湯量も豊か ゴルフ場跡地」という記事が検索されますので、昭和61年12月には、宅地造成が行われていたようです。
 しかし、いずれの資料にも、会社側の撤退理由についての記述はありませんでした。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
球技  (783 8版)
参考資料
(Reference materials)
1 綾羽紡績20年史 綾羽紡績株式会社∥編 綾羽紡績株式会社 1966年 5B-5821- 66 p.69,76-79
2 綾羽 綾羽株式会社50年史編集委員会∥編集 綾羽株式会社 1997年 5B-3300- 97 p.35,45
3 滋賀年鑑 1986 京都新聞滋賀本社∥編集 京都新聞社 1985年 S-0500-86 p.342
キーワード
(Keywords)
ゴルフ場
綾羽
レークサイド
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000250924解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!