このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
千葉県立東部図書館 (2110047)管理番号
(Control number)
千県東-2019-0008
事例作成日
(Creation date)
2018年03月30日登録日時
(Registration date)
2019年09月06日 09時42分更新日時
(Last update)
2019年09月06日 09時55分
質問
(Question)
幕末に榊原橘仙斎(榊原橘叟)という人物によって書かれたとされている、「将棋営中日記」を探しています。
回答
(Answer)
当館所蔵の【資料1】『古棋書会報』No.8(古棋書復刻委員会編 日本将棋連盟 1970年)のp12-13に「将棋営中日記1」が、【資料2】『古棋書会報』No.9(古棋書復刻委員会編 日本将棋連盟 1970年)のp7-13に「将棋営中日記2」が掲載されていました。
また、【資料2】の最後には<終>との表記がありました。

記事中には「将棋月報・将棋ニュースを照合しての転載です」とありますが、この『将棋月報』については国立国会図書館デジタルコレクションの図書館送信資料の対象となっており、確認したところ以下の資料に「将棋営中日記」の掲載が見つかりました。
【資料3】不識庵「将棋営中日記(一)」(『将棋月報』234号 1942年7月) 10-12コマ
【資料4】不識庵「将棋営中日記」(『将棋月報』235号 1942年8月) 8-10コマ
【資料5】不識庵「将棋営中日記(二)」(『将棋月報』236号 1942年9月) 12-13コマ

なお、【資料3】の冒頭に、「本記は橘仙瘁氏の営中日記でありまして将棋新報に所載されたるものでありますが、未だ見て居られない考古家の為転載致します」との記述がありました。
この「橘仙瘁」という人物が「榊原橘仙斎(榊原橘叟)」と同一人物かを調べましたが、そのような記載のある資料を見つけることはできませんでした。

しかし、【資料6】『詰むや詰まざるや 続 古典詰将棋の系譜』(平凡社 1978)p307「作者列伝」の中に「橘仙斎」という項目があり、「本名榊原靖、下山桂香ともいう。(中略)『将棋営中日記』などを残し」たとの記述を見つけることができました。また【資料7】『日本将棋大系 12 伊藤宗印 小野五平』(筑摩書房 1979)p234に「榊原靖は(中略)『将棋営中日記』を書いた橘仙斎と同人であったという説もある」との記述も確認しました。
回答プロセス
(Answering process)
・リサーチ・ナビで「将棋営中日記」を検索。レファレンス事例「『将棋営中日記』、『将棋・名村集』という2冊の資料の所蔵確認をお願い致します。」( https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000100857 )を見つけました。しかし、国会図書館では所蔵なしとの回答でした。
・事前調査事項に書かれていた「古棋書会報」で当館の蔵書を検索し、【資料1】【資料2】を見つけました。
・【資料1】【資料2】の冒頭に「将棋月報・将棋ニュースを照合しての転載です」と書かれており、国立国会図書館デジタルコレクション( http://dl.ndl.go.jp/ )にてキーワード「将棋月報 日記」で検索したところ、【資料3】~【資料5】を見つけました。
・「ジャパンナレッジLib」で「橘仙斎」と全文検索し、【資料6】を見つけました。
・googleブックスで「”榊原橘叟”」と検索したところ、【資料7】を見つけました。
・『人物レファレンス事典 明治・大正・昭和<戦前>編』(日外アソシエーツ編集部編 日外アソシエーツ 2000)や『日本人物レファレンス事典』(日外アソシエーツ編集部編 日外アソシエーツ 2014)で榊原橘仙斎(榊原橘叟)の項目を探しましたが、見つけることができませんでした。
・国立国会図書館サーチ、リサーチナビをキーワード「将棋新報」「橘仙瘁」「榊原橘叟」「榊原橘仙斎」で、またgoogleで「橘仙瘁」「榊原橘仙斎」「榊原橘叟」で検索しましたが、「将棋営中日記」に関する情報は見つけられませんでした。
(インターネットの最終アクセス:2019年5月28日)
※参考資料末尾の数字は資料番号です。
事前調査事項
(Preliminary research)
原本の情報はネットでは見つからず、散逸したと書かれているサイトもありました。
現代語訳等についてネットで調べた結果、古棋書復刻委員会というところが出版した、『古棋書復刻叢書』の付属資料である「古棋書会報」に載っているとの情報を得ました。
NDC
将棋  (796 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】『古棋書会報』No.8(古棋書復刻委員会編 日本将棋連盟 1970年)(2101000638)
【資料2】『古棋書会報』No.9(古棋書復刻委員会編 日本将棋連盟 1970年)(2101000638)
【資料3】不識庵「将棋営中日記(一)」(『将棋月報』234号 1942年7月) 10-12コマ(永続的識別子:info:ndljp/pid/1767235)
【資料4】不識庵「将棋営中日記」(『将棋月報』235号 1942年8月) 8-10コマ(永続的識別子:info:ndljp/pid/1767236)
【資料5】不識庵「将棋営中日記(二)」(『将棋月報』236号 1942年9月) 12-13コマ(永続的識別子:info:ndljp/pid/1767237)
【資料6】『詰むや詰まざるや 続 古典詰将棋の系譜』(平凡社 1978)(2100512444)
【資料7】『日本将棋大系 12 伊藤宗印 小野五平』(筑摩書房 1979)(9102872905)
キーワード
(Keywords)
将棋
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
書誌的事項調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000261043解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!