このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000249479
提供館
(Library)
沖縄県立図書館 (2110045)管理番号
(Control number)
1002478
事例作成日
(Creation date)
20151021登録日時
(Registration date)
2018年12月28日 00時30分更新日時
(Last update)
2019年01月09日 08時26分
質問
(Question)
味噌・醤油が、沖縄に普及した年代を知りたい。
回答
(Answer)

『沖縄の民具と生活』(上江洲 均 著、榕樹書林、2005.11)
p289-290 「五 水甕・味噌甕のことなど」の項目で、p290 「味噌作りは女性の仕事であるが、その出来不出来は麹菌の自然培養に大きく左右された。」の記述がある。


『沖縄・奄美の衣と食』(平敷 令治∥著 恵原 義盛∥著、明玄書房、1979.11)
p74-79 「二 調味料、嗜好品」の項目で、p74 「王朝時代には味噌・醤油などの醸造業者は首里に集中していて、地方の農民は自家製の味噌を用いた…」の記述がある。
p75 「農家で自家用に醤油をつくる例はなく、農村で日常品として醤油を用いるようになったのは明治以降のことである。」の記述がある。


『定本 琉球国由来記』(外間 守善∥編著 波照間 永吉∥編著、角川書店、1997.4)
p61 「73 御料理座」の項目で、「…・味噌・醤油・…」の記述がある。
→ 他の項目にも、味噌・醤油が多く記述されている。『定本 琉球国由来記』が編集された1713年[p561]には、味噌・醤油は存在したことがわかる。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
技術  (5)
参考資料
(Reference materials)
沖縄の民具と生活 上江洲 均/著 琉球弧叢書 榕樹書林 2005.11, ISBN 4-89805-114-6 (p289-290)
沖縄・奄美の衣と食 平敷 令治/著 明玄書房 1979.11 (p74-79)
定本 琉球国由来記 外間 守善/編著 角川書店 1997.4 (p61,561)
キーワード
(Keywords)
味噌
醤油
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000249479解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!