このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000254943
提供館
(Library)
愛媛県立図書館 (2110043)管理番号
(Control number)
2019-1
事例作成日
(Creation date)
2019年4月4日登録日時
(Registration date)
2019年04月12日 13時40分更新日時
(Last update)
2019年07月25日 12時25分
質問
(Question)
『愛媛県史 人物』主な参考文献一覧に
(1)上掲『十卋盛卋君伝記』外 
(2)岩越二郎『本県考古界に遺せる故犬塚又兵氏の足跡』
(3)神谷葵水『考古学者であった犬塚甘古先生』
以上3点の文献の記載があり、この3点の出典について教えてほしい。
回答
(Answer)
いずれも当館に所蔵はないが、当館所蔵の【資料1】p1~13に掲載されている「愛媛考古学の創始者・犬塚又兵と横地石太郎」(西田 栄/著)の中で、次のように紹介されている。

p3~4 
甘古先生の詳細は、同氏の長男一貞氏の「十世盛正君伝」にあるが、荘内藩(山形県鶴岡市)の番頭犬塚甚七郎盛鷹の長男で幼名を甚太郎・甚之助・又兵衛などといい、のち又兵と改むるとある。実名は前掲伝記の題名の如く盛正と呼ばれ、盛政・守政とも記される。天保9年(1838)3月1日生まれ。藩校致道館の句読師となり、戌辰の役(1868)には参戦負傷したという。明治18年(1885)福島に出て師範学校、中学校などに勤め、明治29年4月横地松山中学校長の許に来県し、松山地域での考古学的研究の業績は既述通りであるが、松山在任中の同僚渡部『政和先生追想録』に、甘古得意の隷書で座右銘「自反而縮雖千萬人吾往」の麗筆が収載されている。なお号はほかに椿園・蘭沢・極楽園などがあったと上記「盛正君伝」に見える。

p3 
なお、犬塚又兵教諭は岡崎市愛知第二師範学校(現愛知学芸大学)へ、前記同氏報文にもある通り明治32年5月転任したが、同地でも書道教師としてのほかに、同市の北野廃寺の調査などを行い、その業績は、後日の石田茂作博士の廃寺研究に示唆を与えたと伝えられる。(註2)  

p13 (註2)神谷葵水 考古学者であった犬塚甘古先生「岡崎師範書道教官系譜考」 1981『藤華』4号所収

P4 
福島における奥羽人類学会地方委員として、また岩磐史談に見える「犬塚先学の足跡」報告を通しても。(註3)

P13(註3)岩越二郎 本県考古界に遺せる故犬塚又兵氏の足跡『岩磐史談』第3巻1~4号 福島 昭12~13(1937~1938)所収 
また、当館は松山中学校の校友会誌を所蔵しており、目次情報をweb公開している。犬塚又兵と思われる箇所も複数あるので参考まで。
https://www.ehimetosyokan.jp/contents/ehime/hokeikai.htm
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
【資料1】『愛媛考古学10』 愛媛考古学協会 1988 <当館請求記号:K209-8-10>
キーワード
(Keywords)
犬塚又兵
横地石太郎
岩越二郎
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
書誌的事項調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
学生
登録番号
(Registration number)
1000254943解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!