このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000260143
提供館
(Library)
島根県立図書館 (2110035)管理番号
(Control number)
島根郷2018-11-007
事例作成日
(Creation date)
2019年8月13日登録日時
(Registration date)
2019年08月13日 15時04分更新日時
(Last update)
2019年09月12日 18時33分
質問
(Question)
松江藩主・松平治郷が治療のために京都の医師「畑立庵」を招いているが、この人物について知りたい。
回答
(Answer)
当館所蔵資料より、下記の資料を紹介し回答。

資料1:p1303-1304に「畑家」があり、p1304に「畑柳安」あり。1721-1804。名は惟和、字は厚生、通称は柳安・黄山。安藤碩翁の子。柳安は幼時より俊敏であったので畑柳景がこれを認め、後嗣とした。延享2年(1745)に法橋、宝暦7年(1757)法眼にすすむ。天明7年(1787)に法印となり号を医学院と賜った。京都御所の西に学館を設け「医学院」と名付けた。

名前の漢字は異なるが音が同じであること、京都の医師であり大名を診察するにふさわしい身分(安永5年時で法眼)であること、松平治郷(1751-1818)と年代が近いことなどから、「畑柳安」である可能性が高いと回答する。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
島根大学附属図書館所蔵『温故録』(桑原文庫)6巻の安永5年5月28日の記述。デジタルアーカイブで公開。
NDC
医学  (490 8版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】京都府医師会 編 , 京都府医師会. 京都の医学史 〔本文篇〕. 思文閣出版, 1980.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I069427371-00  (当館請求記号 490.2/キ/1)
キーワード
(Keywords)
松江藩
松平治郷 不昧
医療
診療
畑柳安
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000260143解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!