このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000223896
提供館
(Library)
北海道立図書館 (2110028)管理番号
(Control number)
北方 17-0025
事例作成日
(Creation date)
2017/04/25登録日時
(Registration date)
2017年10月26日 00時30分更新日時
(Last update)
2017年10月26日 00時30分
質問
(Question)
道内の水力発電の歴史について
回答
(Answer)
道内の電気事業史を中心に、回答資料数点を紹介。

資料1『北海道電気事業史』43ページの岩内水力電気株式会社の項で、「本道で一番最初の水力発電で営業を開始したということで、特筆大書しておくべきものと思う」とあり。

資料2『あうる』Vol.44では、「定山渓発電所は、道内最古の水力発電所として今も稼動している」として、定山渓の豊平川水利権を得て明治39年から発電所の建設工事に着手し、明治40年に完成、5月から札幌市内への送電を開始したことが紹介されている。

ほか、道内の発電所の概況に関する資料や電力会社の歴史に関する資料などがあり。
回答プロセス
(Answering process)
以下の資料も参考とした。

1 『管内電気事業要覧 第6回』
  (電気協会北海道支部 1929 請求記号:540.9/SA/6 資料ID:1101973780)
2 『北海道における電力の実相』
  (北海道電力調査協議会 1952 請求記号:540.9/HO 資料ID:1106593070)
3 『北海道電力概況』
  (北海道商工部 1955 請求記号:540.9/HO 資料ID:1102073739)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
電気工学  (540 7版)
参考資料
(Reference materials)
1 北海道電気事業史 北海道電気事業史編纂委員会∥編 北海道電気協会 1978.11 540.92/HO p.43 岩内水力電気株式会社について記述あり

2 あうる 通巻44号 中西印刷「あ・う・る」編集部 2012.7 Z103 p.2 道内最古の水力発電所として今も稼動する定山渓発電所、として紹介

3 管内電気事業要覧 第1回 札幌逓信局∥編 札幌逓信局 1925 540.9/SA/1 道内の発電所の概況有り。完成、稼動年月については、丁寧な読み込みが必要。

4 北海道電力物語 河野 幸之助∥著 日本時報社 1970.12 540.9/KO

5 北海道の電力 札幌通商産業局公益事業部∥編 北海道電力調査協議会 1953 540.9/SA p.13 本道の水力発電所では岩内水力電気が明治39年に発電を開始したのが最初、という記述あり。

1 管内電気事業要覧 第6回 札幌逓信局∥編 電気協会北海道支部 1929 540.9/SA/6

2 北海道における電力の実相 公益事業委員会事務局札幌支局∥編 北海道電力調査協議会 1952 540.9/HO

3 北海道電力概況 北海道商工部∥編 北海道商工部 1955 540.9/HO
キーワード
(Keywords)
北海道
水力発電
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事項調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000223896解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!