このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000215280
提供館
(Library)
北海道立図書館 (2110028)管理番号
(Control number)
参調 17-0001
事例作成日
(Creation date)
2016/08/18登録日時
(Registration date)
2017年04月24日 00時30分更新日時
(Last update)
2017年04月24日 00時30分
質問
(Question)
書類に貼られている収入印紙が、書類作成時のものか確かめたい。

利用者によると、「書類は昭和48年に作成されたもので、2,000円の収入印紙が貼られています。インターネットで見ると最新のものと同じデザインです。書類が作られた後に貼られたのでは? と思っていますが、昭和48年以前に発行されている印紙のデザインがわかれば、その疑問が解けるかと、調べています」とのこと。

もし、調べられる資料があって貸出できない資料ならば、直接道立図書館に行っても良いとのこと。
回答
(Answer)
「収入印紙」で検索するも、該当がなく、貨幣・紙幣の辞典類にも収入印紙は掲載なし。

印紙税の345.63で棚あたり。
参考図書で『印紙税実用便覧』を確認。p9に印紙の項目があったがデザインの記載なし。

次に『標準・日本印紙カタログ 第2版(1983)』を確認。p103~105に1954~1974年発行の昭和型第2次、p106~110に1975年4月1日以降1983年の同資料
発行当時までの昭和型第3次の収入印紙のデザインが、白黒で記載あり。

質問の書類は時期では昭和型第2次に相当するため、質問者に貸し出してデザインを確認してもらうこととした。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
租税  (345 7版)
参考資料
(Reference materials)
1 標準・日本印紙カタログ 第2版(1983) 古屋厚一∥編 日本風景社 1983.2 345.63/HY p103~110

1 印紙税実用便覧 山田/晃央?編 法令出版 2010.9 345.63/I p9
キーワード
(Keywords)
印紙
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事項調査
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
図書館
登録番号
(Registration number)
1000215280解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!