このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000245709
提供館
(Library)
熊本県立図書館 (2110023)管理番号
(Control number)
401000209
事例作成日
(Creation date)
20180824登録日時
(Registration date)
2018年11月13日 00時30分更新日時
(Last update)
2019年02月25日 16時21分
質問
(Question)
黄表紙とはどういうものか。また、黒本や青本など頭に色がつく理由が知りたい。
回答
(Answer)
『絵でよむ江戸のくらし風俗大事典』より、黄表紙とは「安永四年(1775)から文化三年(1806)までの32年の間に江戸で出版されたもの」、「黄色の表紙を持ち」という記載あり。
また、『江戸化物の研究』・『草双紙事典』より、名称の頭に色がつくのは、表紙の色に由来するため。

【参考】
赤本:丹色の顔料を塗布した表紙に基づく名称
黒本:表紙の色が黒色
青本:表紙の色が萌黄色
黄表紙:萌黄色の表紙の青本が次第に黄の一色となり、文学史上の区分では、安永四年から出された草双紙を黄表紙と呼ぶ
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
絵でよむ江戸のくらし風俗大事典|棚橋 正博/編著|柏書房|2004.10 (0118669860|R/210.5/タ/)
江戸化物の研究|アダム・カバット/著|岩波書店|2017.2 (p.26、128に記載あり 0119641603|/913.5/カ/)
草双紙事典|叢の会/編|東京堂出版|2006.8 (p.2、5に記載あり 0118362953|R/913.5/ソ/)
キーワード
(Keywords)
草双紙
黄表紙
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000245709解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!