このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000190460
提供館
(Library)
石川県立図書館 (2110016)管理番号
(Control number)
0000001363
事例作成日
(Creation date)
2015/11/11登録日時
(Registration date)
2016年03月31日 00時30分更新日時
(Last update)
2016年11月05日 16時01分
質問
(Question)
江戸時代の画家、森西園のプロフィール(生没年、出身地、代表作、経歴。どの様な人生を送ったかが分かるもの。)が掲載されている資料を探しております。
回答
(Answer)
以下の資料に記述があります。
1、『石川県史』第3編(K209/24/3)p611
又森西園あり、名は辰之助。金澤の人にして幼より岸駒に学び長崎に至りて南宗の画風を極め、帰りて藩侯に仕ふ。安政六年九月没するとき七十七。
2、『加能郷土辞彙』(K030/1)
金沢の人。通称辰之助、諱は充、字は無充・徳符。号は見弦・同仏・醒痴・鳳洲・西園。画を岸駒に学び、後長崎に赴いて明画の風を研究した。安政六年九月三日没、七十七歳。
3、『加能画人集成』(K721/22)p.66
天明三年~安政六年(1783~1859)
江戸時代後期の画家で加賀藩にも仕える。金沢に生まれ、父は画家森寒峰。通称を辰之助。諱を充。字は無充、徳符。号に見弦、同佛、醒痴、鳳洲、西園、森瓊がある。
幼少より絵を好み、岸駒に師事し鳳洲と号する。のち長崎に赴き、明画風を研究し、方西園の画風を好み西園と号した。帰って藩侯に仕える。
安政六年(1859)九月三日没す。享年七十七歳であった。
4、『金沢市史 通史編2 近世』(K222/125/3/2)p.520~521
岸派では、岸駒の弟子として森寒峯(間材)のほか、森釣雪や森西園、亀田鶴山などがいる。…森西園に絵を学んだ加賀藩士の岸井静斎(孝次)は、幕末から明治時代に
かけ活躍している。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
芸術  (7 9版)
参考資料
(Reference materials)
1 石川県史 第3編 石川県∥編 石川県 1929 K209/24/3 p.611

2 加能郷土辞彙 改訂増補 日置 謙∥編 北国新聞社 1979.6 K030/1 p.904

3 新加能画人集成 金沢市教育委員会新加能画人集成編集委員会∥編 金沢市 1990.3 K721/22 p.66

4 金沢市史 通史編2 金沢市史編さん委員会∥編集 金沢市 2005.12 K222/125/3-2 p.520-521
キーワード
(Keywords)
森西園
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000190460解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!