このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000190453
提供館
(Library)
石川県立図書館 (2110016)管理番号
(Control number)
0000001356
事例作成日
(Creation date)
2015/03/04登録日時
(Registration date)
2016年03月31日 00時30分更新日時
(Last update)
2016年11月05日 16時10分
質問
(Question)
『加賀藩史料』第8編p135の「変異記」よりの記述、「上口御関所足軽之境伝馬持より出火之所」とあるが、出火元の場所の意味を知りたい。
回答
(Answer)
(1)『石川県災異誌』p26に同じ「変異記」の記述を口語訳し、「大聖寺の上口関所足軽の境伝馬場から出火」という表記になっています。

(2)(1)の字の読み方が『加賀藩史料』と異なるので、当館所蔵『変異記』坤(上記記述の原本)を確認してみました。「上口御関所近足軽之境伝馬持より出火」とあります。

(3)原本の記述から回答することにしますと、
「上口」は、『加賀市史 通史』上巻p727によりますと、「越前への通路は「上口(かみぐち)」であり、中町から越前町・関町に通じ、ここに関所が設けられ、奥村・吉田・寺田らの武士が近くに住んでいた」とあります。関所は、同書p726「第44図 武士・町人居住区分外略図」によると、大聖寺城下の西の端にあったことがわかります。

(4)つまり、関所近くに住む足軽の、「境伝馬持ち」だと考えられます。
「境伝馬」という用語は見つかりませんが、『大聖寺藩史』p899~908には、足軽が飛脚を担っていた記事がありますので、「境伝馬」を持っていた足軽という意味で良いかと思われます。

(5)ちなみに、『大聖寺藩史』p942掲載の史料「宝暦十歳庚辰二月七日火災一件類焼等覚」によりますと、火元は
「中新道袋町名代津波倉屋市右衛門後家、本家主定番足軽、当時江戸詰庄田治兵衛」とあります。

(6)江戸時代の『大聖寺町割之図』(何年の時の絵図かは不明です。嘉永7年写)を確認しても、足軽の名前の表示がありませんが、関所近くの関町には「足」とある足軽の居住地は確認できます。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本史  (21 9版)
参考資料
(Reference materials)
1 石川県災異誌 石川県農林部∥共編 金沢地方気象台∥共編 気象協会金沢支部 1961 K209.07/15

2 変異記 坤 K209.07/4

3 加賀市史 通史 上巻 加賀市史編纂委員会∥編 加賀市 1978 K228/10/5

4 大聖寺藩史 大聖寺藩史編纂会∥編 江沼地方史研究会 1975 K227/3

5 大聖寺町割之図 森田柿園写 1860 K290.3/144
キーワード
(Keywords)
大聖寺町
加賀市
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
図書館
登録番号
(Registration number)
1000190453解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!