このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
桐朋学園大学附属図書館 (3310008)管理番号
(Control number)
R00-220
事例作成日
(Creation date)
登録日時
(Registration date)
2015年11月26日 11時33分更新日時
(Last update)
2016年03月17日 15時57分
質問
(Question)
ポーランドのマズルカ(民族音楽)を踊っている映像、あるいは音を探している。
回答
(Answer)
映像は、『ポーランドの舞踊』(オギンスキのマズルカの演奏と踊り)、『マズルカ』ポーランド国立民族舞踊団、『世界民族音楽大系 12. ヨーロッパ篇. 2』”クロスノの踊り”を所蔵。
音は、『Pologne: instruments populaires』”ラドム地方の結婚の踊り マズール" を所蔵。
回答プロセス
(Answering process)
1.OPACで、キーワードに「ポーランド 舞踊」あるいは「ポーランド 民族音楽」、資料形態を「映像」あるいは「録音」と入力し検索。
(2016/03/16 確認)
映像:
①『ポーランドの舞踊』 マズルの解説(エリザベータ・ステファンスカ)、ミハウ・クレオファス・オギンスキのマズルカ(マズル)の演奏と踊り、オギンスキのマズルカ(サロン風マズル)の演奏と踊り
②『マズルカ』第1巻。ポーランド国立民族舞踊団による、クヤヴィアク、マズル、オベレクの踊り。
③『世界民族音楽大系 12. ヨーロッパ篇. 2』”クロスノの踊り: 東ポーランド・ジェシュフ地方”。 民族舞踊団<ポドグジャニェ>による、この地方の歌と踊りのメドレーで様々なポルカ(2拍子系)やマズルカ(3拍子系)が間にはさまれている。

音:
『Pologne: instruments populaires』ペダル・ハーモニウムの演奏で”ラドム地方の結婚の踊り マズール" を所蔵

2.Googleで「ポーランド マズルカ 民族舞踊」と入力し検索  
①「Mazourka-Iris」 の2015/1/16のブログ「ポーランドで民族舞踊鑑賞」のページ。マズルカ(Mazur マズル)の他、クラコヴィアク、ポロネズ、オベレク、クヤヴィアクの5つのナショナル・ダンスの簡単な説明と動画を掲載。 http://mazourkairis.com/2015/01/blog-post_7-4/ (2016/3/16 確認)
②「GOGO!POLANDポーランド行こう」の「スラブ文化、ポーランド民族舞踊団」のページ。マズルカの動画は上記と同じ。
 5つのナショナル・ダンスの他にレイジョナルダンスとして各地域に伝わる各種の踊りの動画も掲載。
   http://www.gogopoland.info/#!polish-folk-dance-group/cwo6  (2016/03/16 確認)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
音楽史.各国の音楽  (762)
参考資料
(Reference materials)
ポーランドの舞踊. 文献社, [20-], (The piano: Fryderyk Chopin=解釈と響き: ショパン編). (DV02-056 DVD)
マズルカ. 文献社, [20-], 1. (The piano: Fryderyk Chopin=解釈と響き: ショパン編). (DV02-068 DVD)
世界民族音楽大系: 音と映像による. 第12巻, ヨーロッパ篇. 2, ポーランド・チェコスロバキア・ハンガリー・ルーマニア・ユーゴスラビア・ブルガリア・アルバニア. [日本ビクター, 19-?].(VD00-058 ビデオディスク)
Pologne: instruments populaires. Ocora Radio France, p1996. (CD07-574 CD)
キーワード
(Keywords)
ポーランド
マズルカ マズル
舞踊 舞踏 ダンス 踊り
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000184418解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!