このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000198312
提供館
(Library)
安城市図書情報館 (2310061)管理番号
(Control number)
1313
事例作成日
(Creation date)
2016年10月18日登録日時
(Registration date)
2016年10月18日 21時27分更新日時
(Last update)
2016年10月31日 15時31分
質問
(Question)
ヘンリク・イプセンの『人形の家』の主人公ノラのモデルとされるラウラ・キェラア(Laura Kieler)が、1869年のクリスマスに「ブランの娘たち」という作品を匿名で出版したらしい。その原題とどこ(国、都市)で出版したかが知りたい。
回答
(Answer)
デンマーク王立図書館の資料検索から、シカゴ大学がデジタル化したとされる同作品のデジタルデータが確認できる。
書誌データ及び資料画像(デジタルデータ)から

原題「Brands Døtre : et livsbillede」
発行は、Christiania(旧オスロ)

であると分かる。
回答プロセス
(Answering process)
質問者が調べた情報(『イプセンのリアリズム』毛利三彌:著)によると、上記質問項目の内容と、「ブランの娘たち」をドイツに住むイプセンに謹呈したことが分かる。

グーグルで「Laura Kieler」と検索するも、めぼしいものが何もヒットせず。
NDLで検索するも、めぼしいものがヒットせず。

デンマーク王立図書館の資料検索で「Laura Kieler」と検索したところ複数の資料がヒット。
発行年の古い順に表示すると、1869年に発行された「Brands Døtre : et livsbillede」という資料が見つかる。
デンマーク語辞典で単語を調べ、「ブランの娘たち」の原題であろうと当たりをつける。

同サイト内で「Brands Døtre」で検索したところ資料とデジタルデータの両方がヒットする。
デジタルデータを閲覧すると、表紙に「Christiania」「J.W.Cappelens Forlag」の表示が確認できる。
書誌データでは言語がデンマーク語(Danish)、発行が「Christiania、J.W.Cappelens Forlag、1969年」と書かれている。
グーグルでChristianiaを調べるとコペンハーゲンの一地区名であると分かる。
しかし地名辞典で調べるとオスロの旧称であると分かる。
グーグルで「J.W.Cappelens Forlag」を検索すると、ユネスコ内のページにてノルウェーの出版社(1829年設立)であることが分かったので、Christianiaはオスロのことだと分かる。

なお、デジタルデータの中表紙の次のページに「Henrik Ibsen tilegnet」とだけ書かれたページがあった。
イプセンの名前があったので、デンマーク語辞典で調べてみたところ「tilegnet」は「~に捧げる」という意味と分かり
求めている資料であると確証した。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
現代デンマーク語辞典(大学書林)
キーワード
(Keywords)
デンマーク
イプセン
ヘンリク・イプセン
人形の家
ラウラ・キュラア
ブランの娘たち
Laura Kieler
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
書誌的事項調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000198312解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!