このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000023393
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼久-2005-004
事例作成日
(Creation date)
2005/02/27登録日時
(Registration date)
2005年08月05日 02時10分更新日時
(Last update)
2013年09月04日 10時38分
質問
(Question)
チェコ・プラハ旧駅舎の壁柱にアールヌーボー様式の女性の顔の彫刻が多数あるが、その中にかんざしを差した日本人らしき髪型の女性の顔がある。この彫刻の由来(モデルなど)が知りたい。「読売新聞 2004年11月7日 日曜版 1面」に記事と写真があり。
回答
(Answer)
この彫刻の由来などがわかる資料は見あたらなかった。これに言及する資料や情報はほとんどなく、モデルが日本人女性かどうかも不明。
回答プロセス
(Answering process)
プラハ、アールヌーボーの建築・美術、ジャポニズム、駅をキーワードに、自館目録および《NDL-OPAC(雑索)》をあたった。
プラハ旧駅舎と彫刻については『世紀末建築』などに簡単な記述や写真があったが、この女性の顔の彫刻に言及している資料は「世界の駅」(JTBパブリッシング)のみで、写真と「なぜかかんざしをさした日本人女性のような(?)顔も見える。」と記述があるのみ。
インターネットでも情報は見つからなかった。

追記:当時の情報源の関連ページがWeb上で見られる。《YOMIURI ONLINE》の「プラハ本駅 扉の向こうはアールヌーボー」という記事。彫刻の画像あり。ただし日付は2004年11月8日となっている。
http://www.yomiuri.co.jp/tabi/world/station/sta04110801.htm  2009/07/07最終確認)
事前調査事項
(Preliminary research)
調査済資料:「プラハのアール・ヌーヴォー」(プラハ駅は1909年にヨゼフ・ファンタが設計。彫刻は5人の作品。)
NDC
西洋の建築.その他の様式の建築  (523 9版)
彫刻  (710 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
建築-チェコ-ヨーロッパ
西洋建築
彫刻-建築装飾
アールヌーボー
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
追記(2013/09/04)
情報提供により「プラハ旅物語」(東京書籍  2006) p12(ページ付け無し)下の図版にも該当写真「ジャポニスムの影響を受けたプラハ本駅の彫刻」あり。
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
図書館
登録番号
(Registration number)
1000023393解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!