このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000152868
提供館
(Library)
豊中市立図書館 (2310050)管理番号
(Control number)
6000016062
事例作成日
(Creation date)
2014/04/29登録日時
(Registration date)
2014年05月02日 00時30分更新日時
(Last update)
2014年05月04日 14時59分
質問
(Question)
「美しく青きドナウ」で知られるヨハン・シュトラウス(子)はどのような宗教を信仰していたか。シュトラウスという音楽家が哲学者のニーチェの著作に関する曲を作ったと聞いたことがあるが、同一人物かどうかも合わせて知りたい。
回答
(Answer)
『ヨハン・シュトラウス 「ワルツ王」の喜びと悲しみ』などの記載によると、ヨハン・シュトラウス(1825-1900)はプロテスタント。なお交響詩「ツァラトゥストラはかく語りき」を作曲したリヒャルト・シュトラウス(1864-1949)とは別人。
回答プロセス
(Answering process)
76(音楽)の書架を探す。

『ヨハン・シュトラウス 「ワルツ王」の喜びと悲しみ』(リブリオ出版)p166に、ヨハン・シュトラウスは3人目の妻アデーレとの結婚のため、離婚を認めるプロテスタント国に籍を移したとの記載があり。またp185にも、プロテスタントに改宗したとの記載があり。なおp195によると、曽祖父のヨハン・ミヒャエル・シュトラウスの代にウィーンに移り、カトリックに改宗したとのこと。
『ヨハン・シュトラウス ワルツ王と落日のウィーン』(中央公論新社)p19、p180-184にもアデーレとの結婚やヨハン・シュトラウスの先祖についての記載があり。
『ヨハン・シュトラウス 初めて明かされたワルツ王の栄光と波乱の生涯』(音楽之友社)はヨハン・シュトラウス(子)の詳細な伝記。p180にアデーレとの結婚のために「新教徒に改宗」したとの記載があり。巻末の人名索引にはニーチェの名はなし。

なお『岩波=ケンブリッジ世界人名辞典』(岩波書店)p448-449には「シュトラウス」が6名載っており、うち作曲家は4名。「美しく青きドナウ」を作曲したのはヨハン・シュトラウス(子)、交響詩「ツァラトゥストラはかく語りき」を作曲したのはリヒャルト・シュトラウスとのこと。
『作曲家別名曲解説ライブラリー 9 R・シュトラウス』(音楽之友社)p62-69に「交響詩 ツァラトゥストラはこう語った」の解説や、リヒャルト・シュトラウスとニーチェとの関連についての記載があり。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
音楽史.各国の音楽  (762 9版)
個人伝記  (289 9版)
参考資料
(Reference materials)
『ヨハン・シュトラウス』 ひの まどか/著 (リブリオ出版)
『ヨハン・シュトラウス』 小宮 正安/著 (中央公論新社)
『岩波=ケンブリッジ世界人名辞典』 デイヴィド・クリスタル/編集 (岩波書店)
『作曲家別名曲解説ライブラリー9』 音楽之友社/編 (音楽之友社)
『ヨハン・シュトラウス』 フランツ・エンドラー/著 (音楽之友社)
キーワード
(Keywords)
ヨハン・シュトラウス(ヨハン・シュトラウス)
キリスト教(キリストキョウ)
宗教(シュウキョウ)
音楽(オンガク)
伝記(デンキ)
人物(ジンブツ)
オーストリア(オーストリア)
ウィーン(ウィーン)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
一般
登録番号
(Registration number)
1000152868解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!