このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000034666
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼川-1999-021
事例作成日
(Creation date)
1999/06/27登録日時
(Registration date)
2007年04月24日 02時10分更新日時
(Last update)
2010年01月08日 18時06分
質問
(Question)
クライスラーの著作で「Four days of ...」か「War ...」で始まるものの翻訳があるか。
回答
(Answer)
原書は「Four weeks in the trenches:the war story of a violinist」(1918)と考えられる。
翻訳書は「塹壕の四週間」と思われ、国会図書館(738函178号)を紹介する。
回答プロセス
(Answering process)
クライスラー(Kreisler Fritz)はオーストリアのバイオリニスト、作曲家(1875.2.2-1962.1.29)。
『翻訳図書目録』『Books in print』『国会図書館洋書目録』『AURORA』なし。
『音楽大事典』〈クライスラー〉から「Four weeks in the trenches:the war story of a violinist」(1918)という著作あり。
このタイトルで上記資料をあらためて調査するがなし。
『洋楽の本 217B』から「塹壕の四週間」(竹村書房 1937)と「塹壕の四週間」(噴泉堂 1923)があり。
これが翻訳書と思われ、前者を所蔵している国会図書館(738函178号)を紹介する。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
音楽史.各国の音楽  (762 9版)
参考資料
(Reference materials)
「塹壕の四週間」(クライスラー原著 新田潤訳 竹村書房  昭和12:国会図蔵)
キーワード
(Keywords)
翻訳書目
Fritz Kreisler(フリンツ クライスラー)
音楽家-作曲家-オーストリア
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
書誌的事項調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000034666解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!