このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M18071910590430
事例作成日
(Creation date)
2018/07/19登録日時
(Registration date)
2018年12月05日 00時30分更新日時
(Last update)
2020年03月28日 00時30分
質問
(Question)
アメリカ合衆国の州別の特徴が分かる子ども向けの資料はないか。
回答
(Answer)
①には、アメリカ合衆国の50州の州旗がすべて掲載されている。それぞれ州旗とともに「州名」「州名表記」「略号」「加盟年月日」「州旗判定年」「州都」「州最大都市」「州名のいわれ」が紹介されている。
②では、「州政府」が設立された経緯や、州独自の憲法や法律があること、州独自の軍隊を持っていることが説明されている。マサチューセッツ州とカリフォルニア州が同性結婚を認めたことも紹介されている。
③には、「大きな州ランキング」と「小さい州ランキング」が掲載されている。また、州の位置がわかる地図が掲載されており、おもな都市や地域の特徴がイラストとともに説明されている。
④には、州の位置がわかる地図が掲載されており、50番目の州の「ハワイ州」と49番目の州の「アラスカ州」の特徴が詳しく紹介されている。
⑤では、「アメリカ合衆国最後の州」としてハワイ州を、「最北の州」としてアラスカ州を取り上げ、その特徴や歴史を紹介している。また、「日本からの観光客の州・地域別割合」をグラフで紹介している。
⑥では、経済産業省により米国の基礎データがPDFでまとめられており、50州それぞれの「日経企業進出数」「日経企業による雇用者数」「日本人旅行者消費額」「日本への輸出額」が掲載されている。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
地理.地誌.紀行  (290 9版)
参考資料
(Reference materials)
①シャスタインターナショナル『世界の国旗』東久留米 シャスタ インターナショナル,2016,304p. 参照はp.292-301.
②石出法太『イラストで学べるアメリカ合衆国 1  くらし・文化・政治編』 汐文社,2009,47p. 参照はp.35.
③石出法太『イラストで学べるアメリカ合衆国 2  地理・歴史編』 汐文社,2009,47p. 参照はp.5,8-9.
④中西輝政『きみにもできる国際交流 9  アメリカ』 偕成社,2000,47p. 参照はp.30-31.
⑤帝国書院編集部『世界の国々 6  北アメリカ州』 帝国書院,2012,79p. 参照はp.19,25.
⑥経済産業省『米国50州と日本との関係について』
http://www.meti.go.jp/policy/external_economy/trade/report/index.html (2018年7月13日閲覧)
キーワード
(Keywords)
アメリカ合衆国
北アメリカ
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2018071910525390430
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
高校生, 中学生, 小学生(高学年)
登録番号
(Registration number)
1000247155解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!