このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼久-2004-002
事例作成日
(Creation date)
2004/05/08登録日時
(Registration date)
2005年02月11日 02時57分更新日時
(Last update)
2009年05月26日 12時01分
質問
(Question)
ミャンマーにおける象の全体数と、そのうち野生の象と使役として働いている象の内訳を知りたい。
回答
(Answer)
ミャンマーにおける象の全体数は不明。野生の象は4,820頭。使役として働いている象の数も不明だった。
回答プロセス
(Answering process)
『レッド・データ・アニマルズ 4』によると、ミャンマーに生息する象の数は5,000~6,000頭(1995年調査)。同書は野生動物の調査なので、使役されている象の数は含まれないと考えられる。

Webサイト《絶滅のおそれのある野生生物》には、家畜化されたアジアゾウは16,000頭との記述がみられたが、国別の数は掲載されていなかった。
http://www.wwf.or.jp/wildlife/redlistanimals/mammal/mamm001.htm  WWFジャパン 2004/03/04最終確認)

WWFジャパン(World Wide Fund for Nature Japan)に問い合わせたところ、2000年レポートでは野生アジアゾウの総数は34,594-50,998頭で、うちミャンマーでの生息数は4,820頭だが、国別の使役として働いている象の数は分からないとの回答だった。

追記:上記Webページは現在では開けない。WWFジャパンのWebサイトでは現在「レッドリストについて」のページがある。( http://www.wwf.or.jp/activity/wildlife/crisis/redlist.htm  2009/05/26最終確認)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
哺乳類  (489 9版)
アジア  (292 9版)
参考資料
(Reference materials)
『レッド・データ・アニマルズ 動物世界遺産 4 インド、インドシナ』(小原秀雄 講談社 2000)
キーワード
(Keywords)
象-ぞう
ミャンマー-東南アジア
統計-動物
絶滅危惧種-レッド・データ
照会先
(Institution or person inquired for advice)
WWFジャパン(インフォメーションセンター 03-3769-1714) 
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000019592解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!