このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
愛知学院大学図書館情報センター (3310067)管理番号
(Control number)
日進16R-08
事例作成日
(Creation date)
2016/01/07登録日時
(Registration date)
2016年01月29日 15時42分更新日時
(Last update)
2016年04月08日 14時01分
質問
(Question)
エベレストの標高には諸説あると聞いた。本当は何mなのか。
回答
(Answer)
標高については1865年、A.ウォーらが6観測点によって平均値8,840mを発表。長い間これが採用されていた。
1905年、S.ブラードの8,882mなどいくつかの数値が発表されたが、1954年8,848mの改定値が決定された。
『理科年表』(403.6/01/88)P.588にも、8,848mと記載されている。
しかし近年、全地球測位システム(GPS)を使用した結果、1999年に米国の調査団が8,850m、2005年に中国の
政府機関が8,844mと発表している。
なぜ標高が何度も変わってきたのかは、温暖化説、測量法説、隆起説がある。
回答プロセス
(Answering process)
まず初めに『世界大百科事典』(031/043/3)で“エベレスト”引くと、P.650に標高についての記述あり。
また『理科年表平成27年第88冊』(403.6/01/88)P.588にも、8,844と記載されていた。
次に自館OPACでキーワード“エベレスト”で検索すると、いくつかヒットあり。
『私はなぜ80歳でエベレストを目指すのか』(786.1/026)→×
『落ちこぼれてエベレスト』(786.1/24)目次のページに山頂までの図があり、山頂8,848mと記載されている。
『ジャパンパワー、飛翔』(502.1/061/6)P.187に標高あり。

その他の情報を得るため、新聞記事を探す。
自館契約データベース、①「日経テレコン」、②「朝日新聞 聞蔵Ⅱ」でキーワード“エベレスト”“標高”“変化”で
検索し、記事を見つける。
①2015/7/4 日経プラスワンP.11
②2005/11/22 朝日朝刊 P.37
事前調査事項
(Preliminary research)
聞き取りすると、父は8,868m、息子は8,878mだと言っているそうである。
意見の違いにより調べるに至ったのとこと。
NDC
自然科学  (400 7版)
参考資料
(Reference materials)
『世界大百科事典3』平凡社 / 2007 /(031/043/3)P.650 (AJ94371498)
『理科年表』 国立天文台編 / 丸善出版 / 2014 / (403.6/01/88)P.588 (AJ97110448)
『落ちこぼれてエベレスト』 野口健著 / 集英社 / 2003 /(786.1/24)目次 (AJ97040111)
『ジャパンパワー、飛翔』NHKプロジェクトX制作班編 / 日本放送出版協会 / 2001 /(502.1/061/6)P.187 (AJ94265864)
キーワード
(Keywords)
エベレスト
標高
ネパール
中国
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
一般開放 社会人 図書館
登録番号
(Registration number)
1000187678解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!