このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼久-2017-018
事例作成日
(Creation date)
2017年6月30日登録日時
(Registration date)
2017年08月01日 15時15分更新日時
(Last update)
2018年02月14日 13時57分
質問
(Question)
『バスラの図書館員 イラクで本当にあった話』のモデルとなったニューヨークタイムズの記事の和訳を読みたい。
回答
(Answer)
記事の和訳全文は確認できなかった。
 『バスラの図書館員 イラクで本当にあった話』(ジャネット・ウィンター絵と文 長田弘訳 東京 晶文社 2006)の出版社である晶文社のウェブサイトに該当記事の和訳(3分の2程度)が掲載されていた。
 《『バスラの図書館員』ほんとうにあった話》( http://www.shobunsha.co.jp/?p=1894  晶文社)
回答プロセス
(Answering process)
1 ウェブサイトの検索
 (1)《国会図書館サーチ》( http://iss.ndl.go.jp/  国会図書館)を〈バスラ & 図書館〉〈イラク & 図書館 & 守る〉で検索する。
  本の書評に対する記事は出てくるが、記事和訳はヒットせず。

 (2)《Google ブックス》( http://books.google.co.jp/  Google)を〈バスラ & 図書館〉〈イラク & 図書館 & 守る〉で検索するが、該当なし。

 (3)《Google》( http://www.google.co.jp/  Google)を〈イラク & 図書館 & 守る〉で検索する。
  《『バスラの図書館員』ほんとうにあった話》(回答情報)

2 データベースの検索
 (1)《MAGAZINEPLUS》(日外アソシエーツ)を〈バスラ & 図書館〉〈イラク & 図書館 & 守る〉で検索するが、該当なし。

 (2)《Web OYA-bunko》(大宅壮一文庫)を〈バスラ & 図書館〉で検索する。
  ジャネット・ウィンター著『バスラの図書館員』晶文社の絵本ガイドの記事

  《Web OYA-bunko》(大宅壮一文庫)を〈イラク & 図書館〉で検索する。
  小山猛著「海外出版レポート アメリカ イラクの本の話」(『出版ニュース』2005.1.21)
 『パブリッシャーズ・ウィークリー』(2004/12/13)記事の部分和訳
  ( https://www.publishersweekly.com/pw/print/20041213/33239-a-rescue-mission.html
  2冊の絵本とは、『バスラの図書館員』(ジャネット・ウインター絵と文 長田弘訳 晶文社 2006)と『3万冊の本を救ったアリーヤさんの 大作戦 図書館員の本当のお話』(マーク・アラン・スタマティー作 徳永里砂訳 国書刊行会 2012)のこと。

  《Web OYA-bunko》(大宅壮一文庫)を〈守る & 図書館〉〈ニューヨーク・タイムズ & イラク〉〈ニューヨーク・タイムズ & 図書〉〈資料 & イラク〉〈アリア & ムハンマド & バクル〉で検索するが、いずれも記述なし。

ウェブサイト・データベースの最終アクセス日は2017年6月30日。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
小説.物語  (933 9版)
ジャーナリズム.新聞  (070 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
Basrah(バスラ)
イラク
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
児童
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000219662解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!