このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
大分県立図書館 (2110036)管理番号
(Control number)
大分県立郷土-2017-037
事例作成日
(Creation date)
2018年03月22日登録日時
(Registration date)
2019年12月04日 16時16分更新日時
(Last update)
2020年03月04日 13時19分
質問
(Question)
国東市安岐町諸田の御田植祭の由来を知りたい。
回答
(Answer)
以下の資料より、文政4年と文政10年という記述が見つかったことを紹介。

【1】『日本の民俗芸能調査報告書集成 21』 三隅 治雄/編集委員 海路書院 2007
 p3-4 「御田植祭」 ”奈多・若宮・山の三神社のものは同系統である。山神社(安岐町諸田)へは文政4年(1821)に奈多宮から伝えられたという。演劇的にも整ってい配役がはっきりしているが、部分的な違いはある。奈多宮にはない種蒔きは廃れたのであろうが、文政4年に山神社に伝授したのは、神謡と田植歌だけかもしれない。神謡・田植歌は両社ともほぼ同じ古風である。山神社は奈多宮よりも滑稽な所作が多い。神事開始の的射は山神社のみで行われている。”

【2】『安岐郷今昔』 安岐町/編 安岐町 1995
 p86-87 「諸田御田植祭」 ”約170年前の文政4年(1821)から続く祭りで、旧正月の15日、諸田地区の山神社で今年の豊作を祈って催されます。”

【3】『大分県指定無形民俗文化財』 国東市伝統文化活性化実行委員会/〔編〕 国東市伝統文化活性化実行委員会 2012
 ”諸田地区の御田植祭は、文政10年(1827)、諸田村七衛衛と末広七郎左衛門が奈狩江村(現杵築市奈多)の奈多八幡神社の御田植祭の方法を伝えたことに始まるといわれ、五穀豊穣と氏子繁栄を祈願して毎年行われてきました。”

【4】『ふるさと芸能伝承』 安岐町教育委員会/〔編〕 安岐町教育委員会 1995
 p3 「諸田山神社御田植祭の歴史、沿革について」 ※祭りの由来については記述なし。
回答プロセス
(Answering process)
1 自館蔵書検索システムで「諸田」「田植祭」などをキーワードに検索し、資料確認。
2 杵築市史等を確認。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
年中行事.祭礼  (386 10版)
参考資料
(Reference materials)
三隅 治雄/編集委員 , 大島 暁雄/編集委員 , 吉田 純子/編集委員 , 三隅‖治雄 , 大島‖暁雄 , 吉田‖純子 , 大分県教育委員会 , 宮崎県教育委員会. 日本の民俗芸能調査報告書集成 21. 海路書院, 2007.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I021695704-00 , ISBN 9784902796261
安岐町 編 , 安岐町. 安岐郷今昔 : 合併40周年記念写真集. 安岐町, 1995.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I087258403-00
国東市伝統文化活性化実行委員会 〔編〕 , 国東市伝統文化活性化実行委員会. 大分県指定無形民俗文化財 諸田山神社御田植祭. 国東市伝統文化活性化実行委員会, 2012. (国東の文化財)
安岐町教育委員会 〔編〕 , 安岐町教育委員会. ふるさと芸能伝承 : 諸田山神社御田植祭. 安岐町教育委員会, 1995.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I086626089-00
キーワード
(Keywords)
田植祭
安岐町
諸田
山神社
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000269853解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!