このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
大分県立図書館 (2110036)管理番号
(Control number)
大分県立郷土-2017-033
事例作成日
(Creation date)
2018年02月20日登録日時
(Registration date)
2019年12月04日 09時32分更新日時
(Last update)
2020年03月04日 13時19分
質問
(Question)
臼杵市に寺院が多い理由を知りたい。
回答
(Answer)
以下の資料を紹介。

【1】『臼杵歴史の謎』 板井 清一/著 板井 清一 2003
 p101 ”臼杵歴代藩主は、民心の安定を図るため寺院の建立に務めた。もちろん藩主の信仰心と民衆の心のよりどころのためでもあった。これらの寺院は、臼杵浄化を守る重要な地点に建立された。特に町屋と仁王座の武家屋敷との境界には数多くの寺院が建てられた。”

【2】『臼杵市史 下』 臼杵市史編さん室/編 臼杵市 1992
 p155-156 ”近世における臼杵藩内の寺院は、徳川政権の樹立過程で建立、再考された。現在営寺の半数近くは、藩祖稲葉貞通以下、典通・一通公三代の政治中に建築されたものである。(略)このような寺院の増加は、再三の窮地に天命を得た稲葉氏が太田一吉の旧領を受け、荒廃した臼杵の町づくりと心掌握のため城下への集住化を図ったためという。”
回答プロセス
(Answering process)
1 地名辞典、歴史事典などを確認。
2 臼杵に関する郷土資料を確認。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
九州地方  (219 10版)
参考資料
(Reference materials)
板井清一 著 , 板井, 清一, 1923-. 臼杵歴史の謎 : 歴史談義. 板井清一, 2003.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000004093057-00
臼杵市史編さん室 編 , 臼杵市. 臼杵市史 下. 臼杵市, 1992.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002174596-00
キーワード
(Keywords)
臼杵
寺院
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000269802解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!