このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
佐賀県立図書館 (2110026)管理番号
(Control number)
0000201369
事例作成日
(Creation date)
20200330登録日時
(Registration date)
2020年08月06日 00時30分更新日時
(Last update)
2020年08月20日 15時31分
質問
(Question)
『肥前陶磁史考』のP123に記載のある「一若阿蘭陀墓」はどこにありますか。また、「一若窯」について書かれている資料はありますか。
回答
(Answer)
御質問の件について、下記のとおり回答します。
 1.「一若阿蘭陀墓」については、次の資料に記載がありました。
 (1)『肥前の古窯』 川口 誠二/著 長崎文献社 2001
  P349 「市若屋敷窯(いちわかやしきがま)」 雑木林の中にはこの地で古くからルソン壺を焼いていた二人のオランダ人の墓があると伝えられているが、現在では確認できない。「一若屋敷窯」とも書く。

 2.「一若窯」については、次の資料に記載がありました。
 (1)『肥前の古窯』 川口 誠二/著 長崎文献社 2001
  P349 「市若屋敷窯(いちわかやしきがま)」 伊万里市大川町川原字神谷に所在する。
 (2)『伊万里市史 陶磁器編 古唐津・鍋島』 伊万里市史編さん委員会/編 伊万里市 2006
  P113 六.一若窯跡 所在地 大川町大字川原字空毛
 (3)『伊万里市文化財調査報告書 第35集 梅坂窯跡、一若窯跡、市の瀬高麗神下窯跡 伊万里市大川町・大川内町所在の近世窯跡調査の概要』 伊万里市教育委員会/編 伊万里市教育委員会 1992
  P17-41 Ⅲ 一若窯跡の調査
  P17 一若窯跡は、大川町川原字空毛5194番地ほかに所在している。
 (4)『伊万里市史 民俗・生活・宗教編』 伊万里市史編さん委員会/編 伊万里市 2005
  P583 オランダ屋敷 大川町川原 川原には古窯跡が多数ある。その中の一若古窯では、400年以上も前、オランダ人二人が、陶器焼いていたと伝えられ、ここをオランダ屋敷と呼んでいる。
 (5)『肥前古窯址巡り』 水町 和三郎/編 金原 京一/編 田中平安堂 1935
  P40 市若屋敷 甕屋谷窯の直ぐ南向ふ雑木林の山麓が窯址である。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
陶磁工芸  (751)
参考資料
(Reference materials)
(1)川口誠二 著 , 川口, 誠二, 1947-. 肥前の古窯 : 肥前陶磁器の故郷を訪ねて. 長崎文献社, 2001.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002956498-00 , ISBN 4888510164
(2)伊万里市史編さん委員会 編 , 伊万里市. 伊万里市史 陶磁器編 古唐津・鍋島. 伊万里市, 2006.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000009208042-00
(3)伊万里市教育委員会/編. 伊万里市文化財調査報告書 第35集. 伊万里市教育委員会, 1992.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I070831935-00
(4)伊万里市史編さん委員会 編 , 伊万里市. 伊万里市史 民俗・生活・宗教編. 伊万里市, 2005.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000009208125-00
(5)水町和三郎, 金原京一 編 , 水町, 和三郎, 1890-1979 , 金原, 京一. 肥前古窯址巡り. 田中平安堂, 1935.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000000771146-00
キーワード
(Keywords)
一若阿蘭陀墓
一若窯
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000285554解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!