このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000254850
提供館
(Library)
徳島県立図書館 (2110015)管理番号
(Control number)
徳郷20160908
事例作成日
(Creation date)
20160927登録日時
(Registration date)
2019年04月12日 00時30分更新日時
(Last update)
2019年04月17日 00時30分
質問
(Question)
明治9年から13年の高知県時代、『高知県史』では、県令が頻繁に徳島へ出張の記載があるが、陸路、海路いずれの手段で徳島・高知を往復していたのか判断できる資料はあるか。
回答
(Answer)
海路を使っていたと見られる記述が、
【A】『高知県史 近代編』にあり。
 「第九節 陸路と海路」のp90-91より、郵便報知(明治10年1月26日)に掲載された高知県通信の件から。
 「三菱汽船毎月四、五度計り浪華より往復し物産を輸送し便利よし」
 「徳島への行程は凡五十余里なれども、山間は絶瞼にして航路艱難なり。故に行旅三菱の汽船に塔じ海路をとり、大坂を経て行く者多し。迂路に似たりと雖も、陸路の険難に比すれば余程便利なり」
 当時は、阿波の国が高知県の管理下におかれていたので、県官の往来も多かったと思われるが、その旅程も大阪を経由して徳島に通ずる海路が選ばれたのである。
 また、三菱会社所有船舶の明治9年1月の航路航海表が
【B】『近代日本海運生成史料』
 p256に、掲載されている。それによると、神戸、大阪それぞれと高知を結ぶ便が運航されている。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
海運  (683 8版)
参考資料
(Reference materials)
【A】高知県史 近代編 (218.4コオ26-390-91高知県/編  高知県  1970)
【B】近代日本海運生成史料 (683.2ニツ256財団法人日本経営史研究所/編  日本郵船株式会社  1988.10)
キーワード
(Keywords)
高知県、 県令、 交通
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000254850解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!