このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000237835
提供館
(Library)
札幌市中央図書館 (2210002)管理番号
(Control number)
6000013647
事例作成日
(Creation date)
2018/04/22登録日時
(Registration date)
2018年07月02日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年10月02日 00時30分
質問
(Question)
江戸末期から明治にかけての浮世絵師を探している。「血みどろ」の絵を描く人で名前が2文字だったはず。以前に展示会が札幌で行われたようだ。
回答
(Answer)
下記の資料を提供。
回答プロセス
(Answering process)
ヒントが少なかったので、ネット(Google)で検索。江戸末期から明治までの浮世絵師がヒットしたが、なかなか条件に添う該当者が見つからない。そこで当時の浮世絵は身近な絵だったことも想定し「町・絵師」のワードを加えて再度検索した結果何人か絵師がヒット。中でも「弘瀬金蔵」という浮世絵師が該当。高知県下を中心に「絵金」の愛称で親しまれていたようで高知県赤岡町に定住し芝居絵・凧絵などを数多くの絵を描いていたよう。こちらの情報を基に「浮世絵」に関する参考資料を調べる。  資料によると「絵金」の通称は絵屋の金蔵の略称。狩野派の門下だったが後に破門される。画風は、原色を多用した配色と奔放な筆致、激しい流血表現など南国土佐固有の民衆的エネルギーを発散させている。赤岡町・朝倉神社(高知県)に多く所蔵されている。                   他、赤岡町についても調べてみる。こちらは『国立国会図書館デジタル』で「赤岡町史」の閲覧ができ、「絵金」についての記述があった。「絵金」で検索。当館に『絵金』の画集があったので次の資料を案内。                                           「画集」は、                                            ①『絵金』 絵金蔵/監修 (721.8/エ 0118019850)                   参考資料として                                        ②『浮世絵大事典』 国際浮世絵学会/編 (R721.8/ウ 0117620369) (p80)   ③『浮世絵事典 上巻』 (R721.8/ヨ 0111634549) (p140)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
絵金絵金/[画]パルコエンタテインメント事業局
浮世絵大事典国際浮世絵学会/編東京堂出版 ( (p80))
浮世絵事典上巻吉田 暎二/著画文堂 ((p140))
キーワード
(Keywords)
浮世絵(ウキヨエ)
浮世絵師(ウキヨエシ)
赤岡町(アカオカチョウ)
絵金(エキン)
弘瀬金蔵(ヒロセ キンゾウ)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000237835解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!