このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000158884
提供館
(Library)
高知県立図書館・高知市民図書館本館 (2110040)管理番号
(Control number)
県立K2013-119
事例作成日
(Creation date)
2014年06月04日登録日時
(Registration date)
2014年08月26日 11時37分更新日時
(Last update)
2018年08月31日 17時31分
質問
(Question)
土佐の遊女、遊郭、料亭について書かれた資料が見たい。
回答
(Answer)
※ 高知県立図書館・高知市民図書館合築に伴い、資料に関する情報が現在の情報とは異なる場合があります。 ※

以下の資料に関係する記述や写真等が掲載されていました。
■『月刊土佐 12号』P15~「特集・遊郭・玉水町今昔」                       
■『訥弁の弁明』 P209~220「遊郭・玉水町今昔」(※『月刊土佐 12号』と同じ内容)
■『高知市史 上巻』 p.649~「庶民生活の解放」
■『高知県百科事典』 P180~181「花柳街」
■『高知県歴史辞典』 p.379「新地」
■『高知県の地名(日本歴史地名大系 40)』 p.353「稲荷新地」に二大歓楽街として「稲荷新地」「玉水新地」の説明があります。
■『角川日本地名大辞典39 高知県』 p.140「稲荷新地」、p.633「玉水町」に玉水新地のことが少し出ています。
■『土佐の高知いまむかし』 P166~167「稲荷新地」に記述があります。昭和5年に遊郭の人たちが建立した「植桜樹紀念」という石碑の写真と、昭和10年頃の稲荷新地の写真(2階に遊女の姿がみられる)も掲載されている。
■『高知「今むかし 2(大野康雄新聞スクラップ文庫808)」』(※高知新聞連載記事のスクラップ)
昭和52年11月14日記事「高知「今むかし」:稲荷新地」があります。これは後に『土佐の高知いまむかし』という本としてまとめられており、文章・写真とも同じものになります。
■『高知百年紙上展(大野康雄新聞スクラップ文庫471)』(※高知新聞連載記事のスクラップ)
昭和40年11月10日記事「高知百年紙上展:明治の芸妓」に、明治初年、稲荷新地某楼の芸妓の写真が掲載されています。
■『土佐近代化遺産1~48(高知新聞スクラップ)』(浜田茂/文 島崎章/写真 高知新聞社/発行 1997年1月~1998年12月) 「9:玉水新地」という記事が掲載されています。
■『得月楼今昔』
回答プロセス
(Answering process)
自館OPACで検索(キーワード「遊郭」+資料区分「郷土」)、以下の2件がヒット。
■『月刊土佐 12号』(1984年刊)、「特集・遊郭・玉水町今昔」。
P15~「吸江・稲荷・玉水新地」、「昭和初期・カフェーの時代」、「昭和十年頃の玉水町」、「戦後の変遷」の項目あり。写真も多数掲載されている。また、p18~19には、明治後期の遊郭として「玉水新地」「稲荷新地」それぞれの店名と店主(?)と思われる名前が掲載されている(図に関する説明は、「明治後期の公娼街の主な料理店である」とのみ)。
■『訥弁の弁明』
P209~220「遊郭・玉水町今昔」は、前述の『月刊土佐 12号』を収録した資料であるため、同内容。

市町村史や遊郭についての資料を確認する。
■『高知市史 上巻』p.649~「庶民生活の解放」
稲荷新地、玉水新地、吸江新地の三新地と呼ばれた享楽街についての記述がある。また「三新地のほかにも城下町の彼方此方に料亭が出現した」との記述もある。巻末索引にも「稲荷新地」「玉水新地」「吸江新地」それぞれ項目が挙げられている。
■『得月楼今昔』

各事典(辞典)の記述を確認する。
■『高知県百科事典』
「遊郭」「歓楽街」「稲荷新地」「玉水新地」「吸江新地」の項目なし。
「新地」の参照項目として「花柳街」が挙げられているので「花柳街」(p180~181)の項目を参照。三大新地の説明とともに「下の新地=稲荷新地」の明治初年頃の写真が掲載されている。
■『高知県歴史辞典』
「遊郭」「花柳街」「玉水新地」「吸江新地」の項目なし。「稲荷新地」の参照項目として「新地」が挙げられているので、「新地」(p379)を参照。三新地の説明とともに玉水新地の写真(明治40年頃)が掲載されている(参考資料として『高知市史 上巻』が挙げられている)。
■『高知県の地名(日本歴史地名大系40)』
「新地」の項目はない。「稲荷新地」(p353)、「玉水新地」(p353)は索引に項目がとられているが、本文を見ると「玉水新地」については「稲荷新地」の説明に含まれている。
■『角川日本地名大辞典39 高知県』
「新地」の項目なし。「稲荷新地」(p140)は項目あり。また「玉水町」(p633)に玉水新地のことが少し出てきている。「吸江」(p.371~)の項目内には、歓楽街の説明はない。

自館OPACで検索(キーワード「新地」+資料区分「郷土」)、ヒットしたもののうち以下の資料に該当する記述あり。
■『土佐の高知いまむかし』
<風俗の断面>というテーマの中で「稲荷新地」(P166~167)が紹介されている。説明とともに、昭和5年に遊郭の人たちが建立した「植桜樹紀念」という石碑の写真と、昭和10年頃の稲荷新地の写真(2階に遊女の姿がみられる)も掲載されている。
■『高知「今むかし 2(大野康雄新聞スクラップ文庫 808)」
昭和52年11月14日(夕刊)記事「高知「今むかし」:稲荷新地」がある。なお、単行本『土佐の高知いまむかし』としてまとめられており、文章・写真とも同じものである。
■『高知百年紙上展(大野康雄新聞スクラップ文庫 471)』
昭和40年11月10日記事「高知百年紙上展:明治の芸妓」に、明治初年、稲荷新地某楼の芸妓の写真が掲載されている。
■『土佐近代化遺産 1~48(高知新聞スクラップ)』( 浜田 茂/文 島崎 章/写真 高知 高知新聞社 1997.1~1998.12)
「9:玉水新地」として説明と写真(※現代)が掲載されている。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
家族問題.男性.女性問題.老人問題  (367 9版)
参考資料
(Reference materials)
『月刊土佐 12号』(高知 和田書房 1984年)
和田 健一/著 , 和田‖健一. 訥弁の弁明. 和田書房, 1994.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I007425466-00
高知市史編纂委員会 編. 高知市史 上巻. 高知市, 1958.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000000994712-00
高知新聞社. 高知県百科事典. 高知新聞社, 1976.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001223832-00
高知県歴史辞典編集委員会 編 , 高知市民図書館 (高知市立). 高知県歴史辞典. 高知市民図書館, 1980.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001470803-00
日本歴史地名大系 40. 平凡社, 1983.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I000049067-00 , ISBN 4582490409
「角川日本地名大辞典」編纂委員会 編纂. 角川日本地名大辞典 39 (高知県). 角川書店, 1986.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001785610-00 , ISBN 4040013905
高知新聞社編集局 編 , 高知新聞社. 土佐の高知いまむかし. 高知新聞社, 1984.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I000990492-00
『高知「今むかし 2(大野康雄新聞スクラップ文庫 808)」( 大野 康雄/作成 1977年)
『高知百年紙上展(大野康雄新聞スクラップ文庫 471)』( 大野 康雄/作成 1965年)
『土佐近代化遺産 1~48(高知新聞スクラップ)』(浜田 茂/文 島崎 章/写真 高知 高知新聞社 1997.1~1998.12)
土佐文雄 著 , 土佐, 文雄, 1929-. 得月楼今昔. 高知新聞社, 1970.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001250633-00
キーワード
(Keywords)
土佐
遊女
遊郭
料亭
玉水町
稲荷町
吸江町
得月楼
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000158884解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!