このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000128778
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2012-256
事例作成日
(Creation date)
2013年02月03日登録日時
(Registration date)
2013年03月12日 16時15分更新日時
(Last update)
2013年06月04日 15時39分
質問
(Question)
文久2年(1862)の土佐藩の石高と人口を知りたい。
回答
(Answer)

土佐藩の表高(知行充行状や知行目録に書き載せられた禄高。実際の収入高とは相違した)は、慶長5年(1600)から変わらず20万2600石、実高は幕末維新の廃藩前には49万4000石余となっていたとの記述が見つかった。
 
人口については、『藩政一覧』では49万5936人との記述があったが、『土佐藩 日本歴史叢書 12』では、「明治3年(1870)度の届書によれば、その総人口51万6545人」と異なった記述が見られた。その他、文久2年に比較的近い年代の数値としては『藩史大事典 6 中国・四国編』『土佐藩 日本歴史叢書 12』に45万7053人(嘉永6年 1853)との記述があった。記述のあった以下の資料を紹介した。
  
『藩史大事典 6 中国・四国編』(木村礎〔ほか〕編 雄山閣出版 1990)
 p569-595「高知藩(別称土佐藩)」の章あり。
 p574「藩主一覧」の〈山内豊範〉(在任期間が安政6(1859)-明治4年)の項が該当。
石高(表高)20万2600石(慶長期から変わらず)
 p571「藩の居城」の項に人口の記載あり。質問の年に一番近いのは 全領45万7053人(嘉永6年1853)出典の記載はなし。

『日本史籍協会叢書 173 藩制一覧』(日本史籍協会編 東京大学出版会 1967)
 p152-154〈高知藩〉の項に、「人口は49万5936人」とあり。

『国史大辞典 5』(国史大辞典編集委員会編 吉川弘文館 1985)
 p447-449〈高知藩〉の項、「土佐の石高は全国主長宗我部氏の天正検地によって24万8300石とされていたが、山内氏の江戸幕府から受けた判物は20万2600石余となっている。」「明治三年作成の『土佐国郷村帳』によれば土佐国総石高49万4000石余」

『藩史総覧』(新人物往来社 1977)
 p369-371〈土佐藩〉の項あり。
「石高は表高24万8300石余であった。新田の開発が行なわれ、元禄十三年(1700)には内高約39万2000石、幕末維新の廃藩前には49万4000石余となっていた。」

『土佐藩 日本歴史叢書 12』(平尾道雄編 吉川弘文館 1965)
 p24-28「土地と人口」の項あり。
 p25「山内氏入国後、徳川幕府から給付された朱印状の表高は20万2600国余である。現実は『長宗我部地検帳』に示されたごとく24万石を越えていたので、二代忠義は表高を25万石に改めることを幕府に申請したが、幕臣本多正純によってこれを却下されたと伝えられている。(『高知藩財政史』)」とあり。
 p26に「土佐藩戸口表」あり。(「『山内家覚書』によって町および郷・浦三支配下における戸数と人口を対照したもの」とあり。)この表では「文政2年(1819)42万7228人」「天保14年(1843)45万1890人」「嘉永6年(1853)45万7053人」とあり。また、本文中に「弘化元年(1844)度の宗門改めによれば50万4095人となっている」「明治3年(1870)度の届書によれば、その総人口51万6545人」とあり。

回答プロセス
(Answering process)

その他の調査経過は次のとおり。
以下の資料には人口の記載なし
『新編物語藩史 10』(新人物往来社 1976)
 p143-193〈土佐藩〉の項あり。
 p145「同(慶長)8年に山内一豊が24万石にて入封し」とある。


『藩史事典』(藩史研究会編 秋田書店 1977)
 p461-466「高知藩(土佐藩)」
 p461上段「幕府の公認石高は463ヶ村・20万2600石余であったが、実際は長宗我部検地に基づく24万石余であった。これを本田高としたが、新田の増加で幕末には約50万石となった。」
『近世史ハンドブック』(児玉幸多〔ほか〕編 近藤出版社 1984)文献多数
 p112 土佐藩 石高・人口の記載なし
『藩と城下町の事典 国別』(工藤寛正編 二木謙一監修 東京堂出版 2004)
 p555-559〈高知藩(土佐藩)〉の項あり。
「(山内)一豊は慶長六年一月八日に入封し、(略)幕府の公認石高は20万2600石余であったが、実際は長宗我部検地に基づく24万石余であった。のち新田の開発が行なわれ、元禄十三年(1700)には内高約39万2000石、幕末期には49万5000石余となっていた。」とあり。
 

事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
予算.決算  (344 9版)
日本史  (210 9版)
九州地方  (219 9版)
参考資料
(Reference materials)
『藩史大事典 6 中国・四国編』(木村礎〔ほか〕編 雄山閣出版 1990)
『日本史籍協会叢書 173 藩制一覧』(日本史籍協会編 東京大学出版会 1967)
『国史大辞典 5』(国史大辞典編集委員会編 吉川弘文館 1985)
『藩史総覧』(新人物往来社 1977)
『土佐藩 日本歴史叢書 12』(平尾道雄編 吉川弘文館 1965)
キーワード
(Keywords)
高知県-歴史-江戸時代
高知県-人口
土佐藩
高知藩
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
地名
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000128778解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!