このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
愛媛県立図書館 (2110043)管理番号
(Control number)
2020-15
事例作成日
(Creation date)
2020年06月12日登録日時
(Registration date)
2020年06月20日 10時57分更新日時
(Last update)
2020年08月29日 09時39分
質問
(Question)
1 愛媛県新居浜市に「呉」?という地名があるか。
2 「四坂島」は当時も「四阪島」が正しかったか。
回答
(Answer)
1 【資料1】【資料2】を調査したが、「呉」という地名を発見することはできなかった。
以下の新聞を調査したが、「呉」という地名は掲載されていなかった。
また、1942年6月2日の香川日日新聞記事「11時50分呉より四坂島に向かった」とは多少異なる内容のため記載。

【資料3】
見出し:人情首相の面目躍如 首相、帰京の途へ
(抜粋)星越グラウンドで全従業員に激励的訓示を與へ、11時30分住友汽船御代島丸で新居浜港を出帆、尾ノ道を経て帰京の途についた。

【資料4】
見出し:菅船長の霊前に祈り "人情遍歴"東條さん 伊予路から神戸へ
(抜粋)11時20分新居浜星越グラウンドに至り7千名の住友産業戦士を前に烈々40分間にわたる激励演説を行い、同11時55分新居浜発尾道に向ふべく新居浜港に向かった。(略)かくて首相一行は午後1時40分尾道港に上陸、同2時32分尾道駅発東上

【資料5】
見出し:"士道の鏡"と額づく首相 故長崎丸船長霊前に
(抜粋)四国民情視察を終へた東條首相は新居浜から尾道着、目下広島県下を視察中の岡部侍従が午後1時59分尾道駅発福山へ向かうのを見送ったのち、駅長室で小憩、午後2時32分発同6時26分三ノ宮駅着(略)


2 昭和17年頃の資料ではないが、当館に所蔵する前後に出版された次の資料で確認した。
【資料6】には、墨書きで「四阪島」と表記されている。
【資料7】 p39に明治41年の図版が掲載されており、「四阪嶋製錬所全図」とある。
【資料8】 p282に、「四阪島」と表記されている。
【資料9】「四阪島」と表記されている。
回答プロセス
(Answering process)
地名辞典では新居浜市の「呉」という地名は発見できなかったため新聞を調査した。
事前調査事項
(Preliminary research)
1942年6月2日の香川日日新聞に、「□(「呉」?」)より四坂島に向ひ」とあった。
NDC 
参考資料
(Reference materials)
【資料1】『角川日本地名大辞典 38 愛媛県』 角川書店 1981 <当館請求記号:K290-55>
【資料2】『日本歴史地名大系 39 愛媛県の地名 』 平凡社 1980 <当館請求記号: K290-54>
【資料3】『愛媛合同新聞』(後の「愛媛新聞」)昭和17年6月1日
【資料4】『毎日新聞』 昭和17年6月1日
【資料5】『朝日新聞』 昭和17年6月1日
【資料6】明治42年『煙害 〔行政資料〕 〔7〕 鉱煙被害解決ノ議ニ付上申 』<当館請求記号:K519-36-7>
【資料7】『住友別子鉱山史 別巻』 住友金属鉱山 1991 <当館請求記号:K560-21-ベツ>
【資料8】『住友物語』 千倉書房 1931 <当館請求記号:K214-1>
【資料9】『愛媛県四阪島の植物 2』 越智一男 1955 <当館請求記号:アキK47-11>
キーワード
(Keywords)
新居浜市
四坂島
四阪島
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000283294解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!