このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
愛媛県立図書館 (2110043)管理番号
(Control number)
2019-26
事例作成日
(Creation date)
2019年09月13日登録日時
(Registration date)
2019年09月19日 11時58分更新日時
(Last update)
2019年10月18日 16時07分
質問
(Question)
(1)江戸時代の愛媛県における村の場所または境界線について
(2)各村々の成立について
(3)村々の領主の変遷に関する資料について
回答
(Answer)
(1)について
村の場所については、愛媛県立図書館のホームページで愛媛県内の絵図115点を公開、各地域の村の場所の閲覧可。
https://www.ehimetosyokan.jp/contents/darchive/darchive.htm
※ほとんどの絵図が年不詳。
【資料1】には「伊豫国全図」の絵図と、各郡ごとに村の名前と石高が記載。境界線について書かれた資料は、見当たらない。

(2)について
各村々の成立について、県内を全体的にまとめた資料は見当たらない。愛媛県立図書館は、愛媛県内の各市町村史誌を所蔵している。
各村々の成立については、各市町村史誌の歴史の項が参考。
当館が所蔵する市町村史誌は、以下の通り。
https://www.ehimetosyokan.jp/contents/siryo/tosyo/sisi.htm
また、事前調査済み資料の『日本歴史地名大系第39巻 愛媛県の地名』にも各村の成立や由来に関する記述がある。

(3)について
村々の領主の変遷について、県内を全体的にまとめた資料は見当たらない。
各地域ごとについては、以下のような資料がある。
【資料2】は、伊予松山領内にある各村の里正(庄屋)について記した資料。「各村里正ノ姓名ハ明治五壬申年六月九日県下一般里正ノ職ヲ廃止セラレタル際勤続セシ家ノ当主ヲ記載ス」とある。この資料は、【資料3】にも全文が収録。
【資料4】に「郡中庄屋席順」〔玉井家文書〕という資料が掲載があり、天保12年の郡中の各村の庄屋の名前が記されている。
【資料5】は伊予吉田藩内の庄屋の系譜が一覧できる資料。
上記以外にも、「庄屋」をキーワードに蔵書検索すると、図書や雑誌記事等300件以上の資料がヒット。
例:「山之内村庄屋の歴史について-重茂山城主岡部十郎・北畠具親及び伊能忠敬との関係を中心に-」新居田利忠/著 『怒麻 第41号』大西町史談会事務局 ※貸出不可
他に、愛媛県内の庄屋等各家文書で寄贈を受けた諸家文書の目録を当館ホームページで公開。
https://www.ehimetosyokan.jp/contents/siryo/tokukore/monzyo.htm
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
【資料1】『愛媛面影 増補五版』伊予史談会双書第1集 伊予史談会/編・発行 平成11年 <当館請求記号:K290-57-カイフク>
【資料2】『松山領里正鑑』[複写資料] 〔出版社不明〕 1904 <当館請求記号:K611.2-25>
【資料3】『愛媛県史 資料編 幕末維新』 愛媛県史編さん委員会/編 愛媛県 昭和62年 <当館請求記号:K200-31>
【資料4】『愛媛県史 資料編 近世下』 愛媛県史編さん委員会/編 愛媛県 昭和63年 <当館請求記号:K200-31>
【資料5】『領中御庄屋歴代記 旧伊予吉田領,是房村庄屋毛利家文書』 羽藤 明敏/解読・編集,柚山俊夫/校正・監修 羽藤明敏 2003 <当館請求記号:K251-ゴリ-2003>
キーワード
(Keywords)
市町村史誌
愛媛県史
庄屋
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
書誌的事項調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000261541解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!