このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000220481
提供館
(Library)
福井県文書館 (9000002)管理番号
(Control number)
2017-010
事例作成日
(Creation date)
登録日時
(Registration date)
2017年08月16日 17時20分更新日時
(Last update)
2019年03月10日 16時55分
質問
(Question)
米屋(田中)久右衛門について研究している。米屋田中家文書の由緒書によれば、先祖の出身地は「父者越前国府中より西江入、勾当原郷士分、田中と申所、田中三郎右衛門弟」とある。現在の福井県越前市勾当原町ということになる。福井県越前市勾当原町の周辺で「田中三郎右衛門」に該当する家が特定できるか探してみたい。
回答
(Answer)
まず、福井県文書館のデジタルアーカイブで資料を検索した。
現在の越前市勾当原町を出所とする資料の中に、「取替申証文之事(浦方荷物引受方ニ付)」や「午年御高并御山手米帳」という資料があり、作成者は「勾当原村(庄屋)三郎右衛門」とある。しかし、他に有力な資料が見当たらず、この人物が「田中三郎右衛門」に該当するかどうか、決め手に欠ける。
当館に所蔵されている資料群で、越前市勾当原町を出所とする資料群はなく、勾当原町の周辺を出所とする資料群に「田中三郎衛門」や「田中久右衛門」に該当する家はなかった。
次に、郷士という観点から越前藩の各藩主の「給帳」を調査した。すると、結城秀康の代に「田中久右(左)衛門」という人物を発見した。この人物の詳しい由緒は分からないが、「田中三郎右衛門弟」の可能性はある。その一方で、「田中三郎右衛門」という人物は発見できなかった。なお、藩士の由緒を調べることができる「諸士先祖之記」という資料では、「田中三郎右衛門」や「田中久右(左)衛門」に該当する人物を発見できなかった。
さらに、越前市の歴史に詳しい越前市の教育委員会に問い合わせた。現在、『越前市史』の編さんが進んでおり、越前市史編さん室の職員に問い合わせることができた。しかし、勾当原町には「田中三郎右衛門」に該当しそうな田中家があるかどうか分からないとのことであった。勾当原町の田中家に資料の調査に入ったこともないという。
以上から、福井県越前市勾当原町周辺で「田中三郎右衛門」に該当する家は特定できなかった。
回答プロセス
(Answering process)
・福井県文書館のデジタルアーカイブで「田中三郎右衛門」「勾当原村」などと入力して検索し、以下の資料をみつける。
「取替申証文之事(浦方荷物引受方ニ付)」 http://www.archives.pref.fukui.jp/archive/detail.do?id=378636&smode=1
「午年御高并御山手米帳」 http://www.archives.pref.fukui.jp/archive/detail.do?id=379520&smode=1

・『福井市史 資料編4 近世2 藩と藩政 上』(福井市 1988年)を閲覧。

・越前市教育委員会に電話で問い合わせ。

・福井県文書館ホームページのデジタル歴史情報で検索。
http://www.library-archives.pref.fukui.jp/?page_id=147
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
福井市. 福井市史 資料編 4 (近世 2 藩と藩政 上). 福井市, 1988.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001916714-00
キーワード
(Keywords)
米屋久右衛門
田中久右衛門
田中三郎右衛門
勾当原町
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査 所蔵調査
内容種別
(Type of subject)
郷土 人物
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000220481解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!