このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000216461
提供館
(Library)
福井県文書館 (9000002)管理番号
(Control number)
2017-008
事例作成日
(Creation date)
2017年05月23日登録日時
(Registration date)
2017年05月23日 10時46分更新日時
(Last update)
2019年03月10日 16時55分
質問
(Question)
現在の繊協ビルの周辺(福井市内)は昔「裏の馬場」と呼ばれていたそうだが、「馬場」は「ばば」と読むのか、「ばんば」と読むのか、どちらが正しいのか。
回答
(Answer)
福井県の地名に関する文献を参照したが、「裏の馬場」や「裏馬場」といった地名をみつけることはできなかった。
 付近に似たような地名がないか調査したところ、福井市内に「西馬場」や「中ノ馬場」、「桜ノ馬場」という地名が存在した。これらは全て「ばば」と読む。よって、どこか1か所だけ「ばんば」と呼ぶのは不自然である。
 また、現在の繊協ビルは福井市大手3丁目に所在する。「西馬場」は現在の福井市順化1丁目、「中ノ馬場」は現在の福井市中央1丁目に所在していた。これらの位置関係を地図上で見ると、ちょうど繊協ビルの南側と西側に馬場があったことが分かる。繊協ビルは馬場の裏側に位置する形となるため、「裏(の)馬場」という呼ばれ方が生まれたのではないか。
 よって、「ばば」と読むのが正しいと考えられる。
回答プロセス
(Answering process)
①『角川日本地名大辞典』を閲覧
②『日本歴史地名大系18 福井県の地名』を閲覧
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
「角川日本地名大辞典」編纂委員会 , 「角川日本地名大辞典」編纂委員会. 角川日本地名大辞典 18 福井県. 角川書店, 1978.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I045456098-00 , ISBN 4040011805
日本歴史地名大系 第18巻 (福井県の地名). 平凡社, 1981.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001524184-00
キーワード
(Keywords)
繊協ビル
西馬場
中ノ馬場
桜ノ馬場
福井市
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
地名
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000216461解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!