このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
塩尻市立図書館 (2310060)管理番号
(Control number)
塩尻233
事例作成日
(Creation date)
2014年9月10日登録日時
(Registration date)
2014年09月19日 19時17分更新日時
(Last update)
2014年10月02日 19時10分
質問
(Question)
山形県にある瀬場(セバ)の地名の由来が、塩尻の洗馬の人を連れていったことから付いたのかを知りたい。
回答
(Answer)
【資料1】の「瀬場村」の項目に名前の由来に関する記述があった。
これによると「酒井氏が信州松代から庄内へ移封された際、越後の瀬場・中継なるところから金堀衆が移住し、瀬場から移った者は上瀬場、中継から移った者は下瀬場に入り、故郷をしのんで村名にしたと伝える」とされていた。
上記の記述は、参考文献として「洗馬村由来之書類」瀬場村文書(当館所蔵なし)との記載があったため、これが事実と考えられる。

塩尻の洗馬に関係する記述はなかったため、その旨をお伝えした。
回答プロセス
(Answering process)
地名に関するものだったため、地名事典を調査した。
事前調査事項
(Preliminary research)
金を掘っている人(セバ衆と呼ばれていた)を松代藩の酒井忠勝が連れて行ったと聞いたことがある。
NDC
地理.地誌.紀行  (290 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】日本歴史地名大系 第6巻 (山形県の地名). 平凡社, 1990. p.603
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002031923-00 , ISBN 4582490069
キーワード
(Keywords)
瀬場村
山形県
金堀衆
酒井忠勝
松代藩
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000160057解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!