このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
島根県立図書館 (2110035)管理番号
(Control number)
島根参2007-12-001
事例作成日
(Creation date)
2007年12月16日登録日時
(Registration date)
2011年03月25日 15時59分更新日時
(Last update)
2011年04月26日 17時18分
質問
(Question)
「安田領雲」という画家について知りたい。
回答
(Answer)
青森県立図書館に、「安田領雲」についてレファレンス調査依頼をした結果、以下の回答を得た。
「『安田領雲』(永峰文男,1978)(【資料1】)の内容を確認したところ、
①野辺地出身の流浪の画家である(資料のなかにも、6点絵の紹介あり)。
②著者の調査では、安田領雲について書かれた資料は『野辺地町郷土史資料 中巻』以外無い(※青森県立図書館に所蔵あり)。
③野辺地町と秋田県岩城町に作品の一部が残っており、主なる作品は南画である。」
また、青森県立図書館所蔵の【資料1】は、館外貸出可能との回答もあった。

<2011/4/26追記>
〔野辺地町立図書館:野辺地の本〕 http://www.jomon.ne.jp/~nlibrary/wanpaku/wan_noheji/wan_noheji.htm (最終確認2011/4/26)『歴史の息吹 : 新しい歴史交流を求めて ふるさと野辺地読本』(野辺地町教育委員会,1999)(【資料2】)が紹介されており、「野辺地を生んだ文化人・スポーツ人(野辺地名誉町民)」の文化人」のなかに「安田領雲」の名前がある。
上記資料は、〔総合目録ネットワークシステム〕によると、国会図書館と青森県立図書館に所蔵がある。
回答プロセス
(Answering process)
(1)『大日本書画名家大鑑』(第一書房,1975)など人名辞典や書画人名辞典を見るが該当なし。

(2)インターネットで「安田領雲」を検索すると、青森県の野辺地に同名の人物がいることが判明。

(3)青森県立図書館のOPACで「安田領雲」を検索したところ、【資料1】がヒット。

(4)青森県立図書館に「安田領雲」について、レファレンス調査依頼。

(参考)〔Wikipedia:南画〕 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%97%E7%94%BB (最終確認2011/3/25)より、
南画(なんが)・・・中国の南宗画に由来する 日本独特の用語。文人画ともいう。17~19世紀の中国の絵画、絵画教科書、絵画理論書、版画などをもとにして発生した絵画の流派をさす。18世紀後半から19世紀末(明治前期)に流行。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本画  (721 8版)
参考資料
(Reference materials)
資料1:『安田領雲』 永峰文男/著,1978 (※当館所蔵なし、青森県立図書館所蔵あり。)
資料2:『歴史の息吹 : 新しい歴史交流を求めて ふるさと野辺地読本』 野辺地町教育委員会,1999 (※当館所蔵なし、青森県立図書館など所蔵あり。)
キーワード
(Keywords)
安田領雲
野辺地町―青森県
画家
文人画
南画
照会先
(Institution or person inquired for advice)
青森県立図書館
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000083191解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!