このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
豊中市立図書館 (2310050)管理番号
(Control number)
6000006723
事例作成日
(Creation date)
2012/01/27登録日時
(Registration date)
2012年03月22日 02時01分更新日時
(Last update)
2012年04月20日 10時42分
質問
(Question)
男性用の帽子を布で作りたい。作り方と型紙の載った本はあるか。
回答
(Answer)
『おしゃべりな帽子』(文化出版局)に、男性用の帽子の作り方と型紙あり。また『帽子の基礎BOOK』(雄鶏社)『わがままな帽子』(文化出版局)『親子でたのしむおしゃれな帽子づくり』(パッチワーク通信社)にも、男性用にも使える帽子の作り方と型紙が載っている。
回答プロセス
(Answering process)
593(洋裁)の所蔵資料を「帽子」で検索し、取り寄せて内容を確認する。

『おしゃべりな帽子 思ったよりずっとやさしい、帽子作り』(文化出版局)には、男性モデルの着用する帽子として、ハンチング・ウエスタンハット・中折れ帽(ソフト帽)・クロッシェ・キャスケットの作り方と型紙あり。『クライ・ムキのうふふな帽子2 帽子の基礎BOOK』(雄鶏社)は、大人・子供/女性・男性用がこの1冊で作れると表紙にあり、ワイヤー入りクロシュ・キャスケット・キャップ(野球帽)が男性用にも使えるとされている(SS~Lサイズの型紙あり)。また『わがままな帽子 初めての帽子作り』(文化出版局)のNo.5とNo.7のクロッシェ、『親子でたのしむおしゃれな帽子づくり』(パッチワーク通信社)のハンチングは、女性モデルが着用しているが、男性でも着用できそうな形状である(いずれも型紙あり)。
この他、『きっかけ本57 はじめての帽子ソーイング』(雄鶏社)には、デニムキャップの作り方があるが、型紙はなかった。
また後日、『手づくり帽子BOOK』(ブティック社)にも、キャスケット・キャップ・ハンチングの作り方と型紙があることが判明した。

なお、男性用の帽子の形状は、『男は帽子で必ず変わる!帽子スタイル』(ワールドフォトプレス)を参考とした。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
衣服.裁縫  (593 9版)
参考資料
(Reference materials)
『おしゃべりな帽子』糸山 弓子/著(文化出版局)
『クライ・ムキのうふふな帽子2』クライ・ムキ/[著](雄鷄社)
『わがままな帽子』糸山 弓子/著(文化出版局)
『親子でたのしむおしゃれな帽子づくり』波佐間 明美/[著](パッチワーク通信社)
『はじめての帽子ソーイング』(雄鷄社)
『手づくり帽子BOOK』(ブティック社)
キーワード
(Keywords)
帽子
裁縫
ファッション
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
一般
登録番号
(Registration number)
1000104120解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!