このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
国立国会図書館(National Diet Library) (1110001)管理番号
(Control number)
Q2008Y0014
事例作成日
(Creation date)
20080222登録日時
(Registration date)
2009年12月25日 02時13分更新日時
(Last update)
2011年01月06日 14時00分
質問
(Question)
「おなかの中に虫がいて具合の悪い男が、和尚に相談し、蛙、蛇、キジ、猟師、鬼を次々に食べるが、
まだ具合が悪いため、和尚が最後に豆をなげつけると、男のおしりの穴から鬼が飛び出した」
という内容の昔話を探している。

下記と物語は同じだが、絵が違う。
・日野十成採話 ; 斎藤隆夫絵「かえるをのんだととさん」
 (『こどものとも』574号2004年1月(国立国会図書館請求記号Z32-210))
回答
(Answer)
児童書総合目録( http://www.kodomo.go.jp/resource/search/toc.html )のあらすじ検索で
「豆まき」「かえる(蛙) 鬼」などの検索を行った結果、お探しのものに近い資料が2冊見つかりましたのでご紹介します。
ただし、いずれも鬼はおしりから出るのでなく、口から吐き出されていました。以下、【 】内は当館請求記号です。

・のみこみとっつぁ / 寺村輝夫文 ; 梅田俊作画. -- あかね書房, 1975. -- (新作絵本日本の民話 ; 1) 【Y17-4374】
 →寺村輝夫童話全集. -- ポプラ社, 1982.3【Y7-9610】の第14巻にも収録がありますが、挿絵はありません。
 (各話の最初に小さな絵があるだけでした)
・だんだんのみ / 長谷川摂子文 ; 福知伸夫絵. -- 岩波書店, 2004.11. -- (てのひらむかしばなし) 【Y17-N04-H1372】
※上記の資料3点は、国際子ども図書館で所蔵しています。

また、『日本昔話通観』(書誌事項は下記参照)で、累積譚を探したところ、「まわりもちの運命」という昔話が見つかりました。
これは、ぼうふらを飲んだ男が具合が悪くなり、金魚、鳥、鳥刺しと食べていくお話でした。
この昔話の類話は日本各地にあることが分かり、同資料ですべてあらすじを確認したところ、
第10巻(新潟)にお探しの昔話と殆ど同じあらすじを持つ「段々飲み」という昔話が見つかりました。
原題は「セツブーン」であるとの記載がありました。タイトル「セツブーン」でも検索したところ、
節分の由来話と思われる資料が多数見つかりました。

・日本昔話通観. -- 同朋舎出版, 1988-1998.【KH22-341】
※国際子ども図書館、国立国会図書館東京本館で所蔵しています。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
漫画.挿絵.児童画  (726 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
児童書、絵本、昔話、かえる、節分
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000061268解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!