このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000142269
提供館
(Library)
塩尻市立図書館 (2310060)管理番号
(Control number)
塩尻165
事例作成日
(Creation date)
2013年8月20日登録日時
(Registration date)
2013年12月21日 17時25分更新日時
(Last update)
2015年10月05日 19時24分
質問
(Question)
塩尻市内における「そば切り」の歴史について書かれた文献をできるだけ多く見たい。
おおもとの記述がある資料もあれば見たい。
回答
(Answer)
下記の資料に、本山宿、贄川宿(旧楢川村)におけるそば切りの記述が見つかった。
回答プロセス
(Answering process)
郷土資料および蕎麦に関する資料より質問についての記述を探した。 

【資料1】を確認すると、p822に、本山本陣の大名休泊帳・寛文10年(1670年)6月4日丹羽式部少輔宿泊の条にはじめて「そば切り」献上の記録が出てくる、との記述がある。
おなじ記述が【資料5】にもあり、その出典である【資料9】を確認したところ、現存する休泊帳の所蔵先(個人蔵)が記されていた。

また、P823に、『風俗文選』(1705年に松尾芭蕉の門人森川許六が編集・出版)の中に雲鈴の文として「蕎麦切の頌」があり、本山がそば切りの発祥地であると記されている、との記述がある。
狂歌師大田南畝の作と伝えられる狂歌「本山の 蕎麦名物と 誰も知る 荷物をここに おろし大根」の看板も明治初年頃まで本山宿に残っていたとも書かれている。(ただし、大田南畝全集には見当たらないとの注あり。)
【資料2】p149~150にもほぼ同様の記述があり、【資料4】には『風俗文選』に関する記述があった。
【資料5】にも『風俗文選』に関する記述があるが、そば切りの字自体はこれより100年以上前の「常勝寺文書」に登場するため、本山発祥説には疑問が残るとも書かれている。
【資料3】にも『風俗文選』と『定勝寺文書』の記述があった。
『風俗文選』について当館の所蔵を調べたところ、【資料6】がヒットし、確認するとp211に「そば切りの頌」があった。
できるだけ元の形に近いものが見たいとの事だったため、web上でも検索したところ、早稲田大学図書館古典籍総合データベース( http://www.wul.waseda.ac.jp/kotenseki/ )で『風俗文選』の画像を閲覧することができた。(最終確認日:2014.1.9)


その他の記述としては、【資料1】のp946に『壬戌紀行(じんじゅつきこう)』(大田南畝)に塩尻を旅した際の街並みの記録(享和二年:1802年)があり、本山の駅には「うんどん、そば切、しっぽく」という看板が多いと書かれている、とあった。
『壬戌紀行』についても当館所蔵の【資料7】に収録されていた。

また【資料5】p49に、贄川でそば切が出された記録が『中山日録』という資料に残っているとの記述がある。この文献によると寛永十三年(1636年)に中山道贄川宿でそば切りが出されたとの記録が残っており、大根のしぼり汁に調味料や薬味を入れたという具体的な食べ方も書かれている。当館所蔵の資料では【資料8】に収録されていた。

また、検索エンジンで「壬戌紀行 塩尻」と検索すると、『蕎麦切り発祥の地』についてのページがヒットした。(「そばの豆事典」内・ http://jiten.kurumaya-soba.com/  最終確認日:2014.1.9)このページに本山宿本陣前の宿の店構えの画像があり、「当宿名物そば差上申候」とある、との脚注がついていた。出典が『諸国道中商人鑑』よりとあったので、この資料について検索したところ、当館には所蔵がなかったが、「信州デジくら」( http://www.i-repository.net/il/meta_pub/G0000307cross )にて全文の画像を閲覧することができた。(最終確認日:2015.10.5)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
中部地方  (215 9版)
食品.料理  (596 9版)
衣住食の習俗  (383 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】塩尻市誌編纂委員会 編. 塩尻市誌 第2巻(歴史). 塩尻市, 1995.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002404071-00
【資料2】宗賀村誌編纂会/編. 宗賀村誌. 1961.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I032314941-00
【資料3】楢川村誌編纂委員会 編. 木曽・楢川村誌 第2巻. 楢川村, 1993.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002283268-00
【資料4】地場産業と名産品 1. 農山漁村文化協会, 2007. (調べてみようふるさとの産業・文化・自然 ; 3)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000008527671-00 , ISBN 9784540063244
【資料5】中田敬三 著. 物語・信州そば事典. 郷土出版社, 1998.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002709345-00 , ISBN 4876634084
【資料6】森川許六 編 , 藤井紫影, 武笠三 校訂. 風俗文選・和漢文操・鶉衣. 有朋堂書店, 1922.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000000589595-00
【資料7】大田南畝/〔著〕 , 佐竹昭広/〔ほか〕編 , 中野三敏/〔ほか〕校注. 寝惚先生文集,狂歌才蔵集,四方のあか. 岩波書店, 1993. (新日本古典文学大系 ; 84)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I005329340-00 , ISBN 4002400840
【資料8】国書刊行会/編. 続々群書類従 第9. 続群書類従完成会, 1978.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I000035495-00
【資料9】長野県文化財保護協会. 中山道信濃二十六宿. 信濃毎日新聞社, 1975.
キーワード
(Keywords)
そば切り
蕎麦切り
本山宿
風俗文選
贄川宿
中山日録
発祥
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000142269解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!