このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000183062
提供館
(Library)
宮城県白石高等学校図書館 (5100010)管理番号
(Control number)
宮城県白石高-2015-30
事例作成日
(Creation date)
2015年10月22日登録日時
(Registration date)
2015年10月30日 09時23分更新日時
(Last update)
2015年10月31日 18時22分
質問
(Question)
真田幸村のお墓が白石にあると聞いた。どこにあるのか。
回答
(Answer)
市内の月心院という寺にあります。ただし今は廃寺となり,その場所は地元市民の共同墓地となっているようです。
回答プロセス
(Answering process)
調査資料1のp92-93に「月心院」の項があり,以下の記述があります。
「(前略)月心院は真田幸村の法名からとったもので,片倉重長時代の
慶安元年(一六四八・江戸前期)三月に,傑山寺第五世乾岫和尚が
開山した臨済宗の寺である。二代目重長の後室阿梅が,亡き真田幸村
父母の菩提を弔うために位牌を安置してあったという。」
調査資料2のp2には「月心院」の項があり,以下の記述があります。
「片倉小十郎重長は,真田幸村夫妻の菩提を弔うために,白石市大平森合に
月心院を建立した。『刈田郡史』によると,幸村の法号は,「月心院単翁宗伝大居士」
と記されている。明治時代の初期,片倉家臣の多くが北海道開拓のために移住した
ことなどが主な原因で,この寺は廃寺になってしまったが,現在も地域の墓地として
役割を果たしている。墓地の傍らには,月心院のいわれを記した記念碑が建てられ,
昔を偲ぶことができる。」
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
東北地方  (212 9版)
参考資料
(Reference materials)
調査資料1 しろいし史跡めぐり 佐藤忠 2011
調査資料2 白石市に存在する真田幸村の遺跡 後藤昭信 2007
キーワード
(Keywords)
月心院
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
高校生
登録番号
(Registration number)
1000183062解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!