このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
滋賀県立図書館 (2110049)管理番号
(Control number)
滋2011-1358
事例作成日
(Creation date)
2012/09/29登録日時
(Registration date)
2012年03月03日 02時01分更新日時
(Last update)
2013年02月27日 00時30分
質問
(Question)
金勝寺(こんしょうじ)狛坂磨崖仏の概要を知りたい。
回答
(Answer)
金勝寺狛坂磨崖仏は栗東市荒張の金勝山中にあります。『滋賀県百科事典』によりますと、概要は「(前略)狛坂廃寺のすぐ下方にある高さ約6.2mの花崗岩にきざまれた磨崖仏である。岩面のほぼ下半分に大きく三尊像を半肉彫し、中央は偏袒右肩(へんたんうけん)の衲衣(のうえ)を着し、転法輪印と考えられる印相をしめし、右足を外にして裳懸(もかけ)座に座す如来像(阿弥陀如来か、像高235cm)、その左右には中尊側に腰をひねって連華座にたつ菩薩像をあらわしている。狛坂寺は弘仁年中(810~824)に金勝寺を開いた興福寺の僧願安によって創建されたとつたえられ、磨崖仏もそのころ制作されたと考えられるが、奈良時代後期とおく説もある。いずれにせよその様式は新羅(しらぎ)石彫像の影響をうけており、朝鮮半島からの渡来人の手になるものであろう。この三尊像の上に2組の三尊像と菩薩立像、両脇侍の頭部左右外側に菩薩立像、主壁の右前方の別石にも三尊像を浮彫するが、これらは平安時代後期から鎌倉時代にかけての追刻であろう。国指定史跡。(佐々木進)」とあります。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
仏像  (718 8版)
参考資料
(Reference materials)
1 滋賀県百科事典 滋賀県百科事典刊行会∥編 大和書房 1984年 S-0300- 84 p.307

2 近江文化財全集 上巻 近江史跡会∥編集 近江史跡会 1974年 SB-7000-1
キーワード
(Keywords)
金勝寺
史跡
狛坂寺
古代寺院
石造品
仏像
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000102649解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!