このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
滋賀県立図書館 (2110049)管理番号
(Control number)
滋2011-1188
事例作成日
(Creation date)
2012/09/29登録日時
(Registration date)
2012年03月03日 02時01分更新日時
(Last update)
2013年02月27日 00時30分
質問
(Question)
石馬寺木造役行者(えんのぎょうじゃ)および二鬼像の概要を知りたい。
回答
(Answer)
石馬寺は東近江市五個荘石馬寺町にあります。『滋賀県百科事典』によりますと、概要は「像高は役行者112.5cm、鬼(左)47.6cm、鬼(右)48.8cm。行者像は頭部・体部をべつべつにおおよそ前後2材をよせて内刳(うちぐり)し、その両脇や両肩以下、脚部など適宜に材木をよせてつくる。また二鬼も頭部・体部をべつべつにおのおの複数の材からつくっている。行者像の顔の肉取りや肋骨(ろっこつ)をのぞかせる胸など、やせた老人の姿をたくみにあらわし、厚ぼったく煩雑(はんざつ)な衣の表現、二鬼像の誇張された筋肉の表現などと、その細かな木寄せの構造とあわせ考えれば、鎌倉時代後半の制作と考えらる。(中略)重要文化財。(高梨純次)」とあります。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
仏像  (718 8版)
参考資料
(Reference materials)
1 滋賀県百科事典 滋賀県百科事典刊行会∥編 大和書房 1984年 S-0300- 84 p.31

2 近江文化財全集 下巻 近江史跡会∥編集 近江史跡会 1974年 SB-7000-2
キーワード
(Keywords)
石馬寺
重要文化財
仏像
役行者
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000102592解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!