このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000052538
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼浦-2008-043
事例作成日
(Creation date)
2008/10/21登録日時
(Registration date)
2009年03月18日 02時11分更新日時
(Last update)
2009年04月05日 12時38分
質問
(Question)
秩父地域の鳥類調査が掲載されている資料はあるか。
回答
(Answer)
以下にあげる資料を紹介した。
『埼玉県動物誌』p56-85「埼玉県産鳥類目録」
『埼玉県動物誌仮目録 および昭和46年度基礎調査報告 第1集』p91-95小杉昭光「昭和46年度埼玉県動物誌基礎調査 鳥類調査報告」 八高線沿いの丘陵地~低山地にかけて。秩父地域もあり。
『埼玉県動物誌仮目録 および昭和47年度基礎調査報告 第2集』p25-62小杉昭光「埼玉県動物誌仮目録 鳥綱」
『秩父で確認した野鳥リスト』
『秩父地域自然環境現況調査報告書 秩父盆地北西部尾田蒔丘陵とその周辺地域』p133-135
『荒川本流河川敷の陸生動物目録 1984年(昭和59年)の調査』p2-9小杉昭光「鳥類」 荒川本流の内、秩父鉄道三峰口駅付近~川口市・赤羽の京浜東北線鉄橋。
『荒川 自然(荒川総合調査報告書1)』p652-660「鳥類」 荒川総合調査の一環。奥秩父山地の荒川の源流付近から秩父盆地、平野部をへて河口付近まで。
『神川村誌編さん資料調査報告書 第6集』p20-27「神川村に生息する鳥類についての調査報告書」
『秩父市誌』p1057-1058「鳥類」の項に該当記述はあるが、出典は『秩父自然科学博物館研究報告』と思われる。
『荒川村誌』p274-277「鳥類」の項に該当する記述あり。「秩父地方、特に荒川村には湖沼がなく水鳥が少ないが三二科八〇種の鳥が見られる。」として、鳥類目録が掲載されている。
『皆野町誌 自然編3 動物』p31-52「鳥類」の項に該当する記述あり。鳥類目録が掲載されている。「皆野町内に生息し、または渡ってくる野鳥の種類として35科90種類を確認した」とあり。
『秩父自然科学博物館研究報告 第2号』 高田武夫「秩父の鳥類」p31-63
『秩父自然科学博物館研究報告 第4号』 清水古寿「秩父の鳥相について」p13-17
『秩父自然科学博物館研究報告 第6号』 清水古寿「秩父におけるイワヒバリの越冬について」p62-65 三峰山頂付近の調査。
『埼玉生物 第17号』 小杉昭光「鳥類調査報告(埼玉の動・植物調査報告 動物の部)」p35-36
『埼玉生物 第18号』 高橋守「雲取山の鳥類調査」p9-13 三峰山~雲取山山頂までを調査。
『埼玉生物 第19号』 小杉昭光「鳥類(和名倉山の動・植物調査報告 動物の部)」p52-53
『埼玉生物 第20号』 小杉昭光「鳥類(浦山川流域・動植物総合調査会報告 動物の部)」p97
『埼玉生物 第24号』 碓井徹「雁坂峠周辺の野鳥と昆虫の記録-昭和58年度 夏期現地研究会の調査報告」p41-44 埼玉~山梨県境尾根の雁坂峠が中心。
『埼玉生物 第27号』 小川義和「金峰山周辺の鳥類(昭和61年度動植物総合調査結果)」p40 金峰山小屋を中心とし、山頂から登山道に沿って、西股沢から金峰山荘に至るまでを調査。
『埼玉生物 第28号』 小杉昭光「甲武信岳周辺の鳥類(昭和62年度動植物総合調査結果)」p35-36 甲武信小屋を中心に、破風山・甲武信岳山頂付近の亜高山帯を調査。
『埼玉生物 第29号』 小杉昭光「両神山周辺の鳥類(昭和63年度動植物総合調査結果)」p25 八丁峠~両神山を経て清滝小屋に至る尾根筋が中心。
『埼玉生物 第30号』 小杉昭光「二子山周辺の野鳥(平成元年度動植物総合調査結果)」p33 二子山周辺・両神山尾ノ内沢、白石山日向沢、合角ダム周辺の調査。
浜尾章二「美の山の鳥類(平成元年度動植物総合調査結果)」p37
『埼玉生物 第32号』 松田喬「城峯山で記録された鳥類(平成3年度動植物総合調査結果)」p43 山頂部中心の調査。
『埼玉生物 第33号』 遠藤光一「十文字峠周辺の鳥類(平成4年度動植物総合調査結果)」p42 十文字峠周辺の調査。
『埼玉生物 第39号』 対馬良一「秋季現地調査会報告・大滝村栃本広場周辺の鳥類」p40-41 大滝村栃本広場周辺の調査。
『埼玉生物 第41号』 赤羽トモ子「秋の現地調査会で確認した野鳥」p33 横瀬町の丸山県民の森の調査。
『埼玉生物 第45号』(埼玉県高等学校生物研究会 2005.3) 対馬良一「春の現地調査会での野鳥の記録」p12-13 城峰山頂付近か。
『自然と野鳥 No.103-』(秩父愛鳥会 欠号あり)各号に野鳥情報あり。号によっては、各種生息調査結果が掲載されている。

参考文献等から知り得た資料のうち、未所蔵の論文について以下の通り紹介した。
荻野登喜治「埼玉県三峰神社より太陽寺附近」(「野鳥 21(4)」)(1956)
清水古寿「秩父両神山の野鳥」(「野鳥 24(3)」)(1959)
清水古寿「三峰山で越冬するイワヒバリに就て」(「野鳥 19(5)」p50-53 1954)
向井美雄「秩父両神山にコノハズクを見る」(「野鳥 9(6)」 1942)
岩崎京二郎「秩父大丸山高原より」(「野鳥 9(9)」 1942)
小沢国平「秩父で獲れたブッポウソウ」(「鳥 Vol.6 No.28」 1929)
小沢国平「秩父の鳥」(「鳥 Vol.7 No.33・34」 1932)
籾山徳太郎「秩父三峰山附近の鳥の小観察」(「趣味の生物 Vol.3 No.1~3」 1936)
回答プロセス
(Answering process)
自館目録および埼玉雑索を〈鳥 & 調査〉で検索し、秩父地域の鳥類調査があるかを調査した。

『埼玉県動物誌仮目録 および昭和47年度基礎調査報告 2』p25-62小杉昭光「埼玉県動物誌仮目録 鳥綱」の参考文献として紹介されていた、未所蔵の論文は次の通り。
荻野登喜治「埼玉県三峰神社より太陽寺附近」(「野鳥 21(4)」)(1956)
清水古寿「秩父両神山の野鳥」(「野鳥 24(3)」)(1959)

『秩父自然科学博物館研究報告 第6号』(秩父自然科学博物館 1955)p62-65 清水古寿「秩父におけるイワヒバリの越冬について」の参考文献として紹介されていた未所蔵の論文は次の通り。
清水古寿「三峰山で越冬するイワヒバリに就て」(「野鳥 19(5)」p50-53 1954) 

『埼玉県動物誌』(埼玉県教育委員会 1978)p56-85「埼玉県産鳥類目録」の参考文献として紹介されていた、未所蔵の論文は次の通り。
向井美雄「秩父両神山にコノハズクを見る」(「野鳥 9(6)」 1942)
岩崎京二郎「秩父大丸山高原より」(「野鳥 9(9)」 1942)
小沢国平「秩父で獲れたブッポウソウ」(「鳥 Vol.6 No.28」 1929)
小沢国平「秩父の鳥」(「鳥 Vol.7 No.33・34」 1932)
籾山徳太郎「秩父三峰山附近の鳥の小観察」(「趣味の生物 Vol.3 No.1~3」 1936)

記述が見あたらなかった調査済み資料
『埼玉県動物誌仮目録 及び昭和48年度基礎調査報告 3』(埼玉県教育委員会 1973)
『埼玉県動物誌仮目録 4』(埼玉県教育委員会 1975)
『埼玉県動物誌仮目録 5』(埼玉県教育委員会 1976)
『秩父自然科学博物館研究報告 第1号~第18号』(第2、4、6号除く)
『埼玉県立自然史博物館研究報告 第1号(通巻第19号)~第23号』
『埼玉県立自然の博物館研究報告 第1号』(2007.3)
『野鳥さいたま No.1~27(合冊製本)』
『野鳥さいたま 日本野鳥の会埼北支部会報 No.69、No.71』
『自然と野鳥 第25~29号』
『小鹿野町誌』『両神村史』『大滝村史』『長瀞町史』『吉田町史』『東秩父村の歴史』『人と土 横瀬町史 前編・後編』『横瀬村誌』
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
鳥類  (488 9版)
貴重書.郷土資料.その他の特別コレクション  (090 9版)
参考資料
(Reference materials)
『埼玉県動物誌』(埼玉県教育委員会 1978)
『埼玉県動物誌仮目録 および昭和46年度基礎調査報告 1』
『埼玉県動物誌仮目録 および昭和47年度基礎調査報告 2』
『秩父で確認した野鳥リスト』(秩父愛鳥会 2003)
『秩父地域自然環境現況調査報告書 秩父盆地北西部尾田蒔丘陵とその周辺地域』(埼玉県 1992.3)
『荒川本流河川敷の陸生動物目録 1984年(昭和59年)の調査』
『荒川 自然 (荒川総合調査報告書1)』(埼玉県 1987)
『神川村誌編さん資料調査報告書 6』(神川村教育委員会 1985)
『秩父市誌』(秩父市誌編纂委員会編 名著出版 1974)
『荒川村誌』(荒川村 1983)
『皆野町誌 自然編3 動物』(皆野町 1982)
『秩父自然科学博物館研究報告 第2号』(秩父自然科学博物館 1950)
『秩父自然科学博物館研究報告 第4号』(秩父自然科学博物館 1953)
『秩父自然科学博物館研究報告 第6号』(秩父自然科学博物館 1955)
『埼玉生物 第17号』(埼玉県高等学校生物研究会 1977.3)
『埼玉生物 第18号』(埼玉県高等学校生物研究会 1978.3)
『埼玉生物 第19号』(埼玉県高等学校生物研究会 1979.3)
『埼玉生物 第20号』(埼玉県高等学校生物研究会 1980.3)
『埼玉生物 第24号』(埼玉県高等学校生物研究会 1984.3)
『埼玉生物 第27号』(埼玉県高等学校生物研究会 1987.3)
『埼玉生物 第28号』(埼玉県高等学校生物研究会 1988.3)
『埼玉生物 第29号』(埼玉県高等学校生物研究会 1989.3)
『埼玉生物 第30号』(埼玉県高等学校生物研究会 1990.3)
『埼玉生物 第32号』(埼玉県高等学校生物研究会 1992.3)
『埼玉生物 第33号』(埼玉県高等学校生物研究会 1993.3)
『埼玉生物 第39号』(埼玉県高等学校生物研究会 1999.3)
『埼玉生物 第41号』(埼玉県高等学校生物研究会 2001.3)
『埼玉生物 第45号』(埼玉県高等学校生物研究会 2005.3)
『自然と野鳥 No.103-』』(秩父愛鳥会 欠号あり)
キーワード
(Keywords)
鳥-秩父地方-埼玉県
郷土資料
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000052538解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!