このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
小山市立中央図書館 (2310088)管理番号
(Control number)
小山市-2009-地域-2
事例作成日
(Creation date)
登録日時
(Registration date)
2009年10月30日 11時26分更新日時
(Last update)
2009年10月30日 15時25分
質問
(Question)
小山市の江戸時代後期の地図または絵図が見たい。
宿場の形や様子がわかるようなものはあるか。
回答
(Answer)
現存する絵図としては、
『日光道中分間延絵図』 (東京国立博物館蔵・重要文化財)に、小山宿が描かれています。

この写真が掲載された図書として
『日光道中分間延絵図 第3巻 復刻 古河・野木・間々田・小山・新田・小金井』(東京美術 1987)
『日光街道と小山 第13回企画展 会期:昭和61年4月27日-6月8日』(小山市立博物館/編
  小山市/小山市立図書館 1986)
を当館で所蔵しています。

また、小山市立博物館に確認したところ、小山宿に関する資料は非常に少ないとのことで、
絵図は上記のみと考えられます。
この絵図は、神社や仏閣などの位置がかなり正確に描かれています。

この他、小山宿のことがわかるものとして、次の資料を紹介しました。

『近世交通史料集 6 日光・奥州・甲州道中宿村大概帳』(吉川弘文館 1972 )
  人口や石高などの明細の記述あり
『小山市史 史料編・近世2付録 統計編』(小山市史編さん委員会/編 小山市 1983)
  絵図を活字化して、見取り図のようにしたものを掲載
『奥州道中 増補行程記』(東洋書院 1999)
  もとは、盛岡藩士・清水秋全が藩主の命を受けて1751年に記したもので、盛岡市中央公民館に
  所蔵。広範囲を縮小して描いた絵図で、正確さはさておき当時の雰囲気がよくわかるもの。
  東洋書院刊のものは、栃木県立図書館と下野市立石橋図書館で所蔵しているが、利用については
  それぞれ館内閲覧。
回答プロセス
(Answering process)
絵図の資料を検索して紹介。
市立博物館の学芸員の助言をもらいながら、資料探索。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
関東地方  (213)
交通史.事情  (682)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
日光街道 小山宿 
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
定番事例
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000059120解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!